魚津駅

蜃気楼の見える街、魚津の改札画像です。

山側の駅名標。あいの風とやま鉄道は山側と海側で駅名標の色が異なる。山側は背景が海となるため青色の駅名標となっている。
海側の駅名標。海側は背景が山となるため緑色の駅名標となっている。
取材当時、ホームの端にはJR時代の駅名標が残っていた。JRロゴはステッカーで隠されている。
駅舎。国鉄時代から使用されていると思われる鉄筋コンクリート製の駅舎となっている。
JR時代の駅舎の様子。駅舎自体は変わっていないが、駅前にかけられた屋根の美装化が行われたことがわかる。駅前には魚津を代表する夏の祭礼「たてもん」のモニュメントがある。
改札口。ICOCA等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。当駅は利用者が比較的多いため、簡易改札機は入場・出場ともに各2台設置されている。
JR時代の改札口の様子。JR時代はICOCA等の交通系ICは使用できなかった。あいの風鉄道への移管後、利便性向上のために積極的に投資がなされていることが伺える。
駅構内には留置線が多数存在するが、これはかつて当駅から貨物線である日本カーバイド工業専用線が発着していた名残である。奥に見える地鉄電車の新魚津駅との間には渡り線が存在しており、現在は地鉄電車への車両の輸送時に使用する。

—————————————
所在地:富山県魚津市
乗入路線
あいの風とやま鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください