月ケ瀬口駅

関西本線の駅、月ケ瀬口の改札画像です。

駅名標。当駅は京都府最東端の駅であり、隣の島ヶ原駅は三重県となる。
当駅は京都府であるが、駅名の由来となった「月ケ瀬」は奈良県にある地名である。
駅舎。地平駅舎となっている
駅舎内部。窓口及び待合スペースがある。
改札口。有人駅であり、窓口で乗車券の購入が可能。営業時間外は無人となる。
また方面表記には名古屋・奈良・天王寺・京都と乗換が必要な行き先が多い。
駅舎内の待合スペース
駅構内には関西線の利用を促進する看板が設置されている。
看板にはキハ120にパンタグラフがついた謎の車両が描かれている。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である
当駅は天下の名勝・月ケ瀬梅渓の最寄駅である。
この月ケ瀬梅渓は奈良県内にあり、当駅からは9km程度離れている
当駅は盛土上にある地上駅であるが、盛土の高さは非常に高くなっている
そのため当駅ホームからは当駅周辺の集落を見下ろすことができる

————————————————–
所在地:京都府相楽郡南山城村
乗入路線
■ 関西本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください