相老駅

わたらせ渓谷鐵道と東武桐生線の駅、相老の改札画像です。

わてつ駅名標。当駅はわたらせ渓谷鐵道(わてつ)と東武桐生線の連絡駅である。駅所在地名が桐生市相町なのに対し、駅名は相となっているが、これは町名の相生をそのまま使用すると兵庫県の相生駅と重複すること、共に老いるという考えから相老としたものである。
わてつの2番線に設置されている自立式の駅名標は、日焼けによる経年劣化からか、1番線のものと比較すると色あせており、コーティングが剥げ始めている。
わてつホーム2番線にある待合所には、国鉄時代から残ると思われる手書きの駅名標も存在する。
東武桐生線駅名標。当駅はわたらせ渓谷鐵道(わてつ)との連絡駅である。わてつとの連絡駅ということもあり、当駅には特急りょうもう号のうち、赤城発着の全列車が停車する。
駅舎。古くから残る木造駅舎であるが、駅舎前に屋根がかけられており、全容が見え難くなってしまっている。
駅舎前には自立式の駅名標が設置されているが、これは駅前整備時に駅舎に取り付けられていたホーロー製の駅名標が撤去されたため、代替として設置されたものである。デザインは青地に白字で、ホーローを意識させるデザインとなっている。
改札口。当駅はわてつ・東武の共同使用駅であるため、改札口は共用となっている。なお、駅自体はわてつが管理している。IC専用簡易改札機が設置されているが、PASMO等の交通系ICは東武線乗車時にのみ使用可能である。わてつでの使用はできない。
改札内から見た改札口の様子。
駅舎内部は待合室となっている。また、コインロッカーも置かれており、少し手狭な印象を感じさせる。
切符売り場の様子。わてつ・東武線の券売機がそれぞれ置かれているほか、窓口で乗車券の購入も可能である。
跨線橋から見たホームの様子。ホームは3面4線となっており、わてつホームが相対式2面2線、東武線ホームが島式1面2線である。両ホームは跨線橋で結ばれている。
前述の通り、わてつホームは相対式2面2線となっており、行き違いが可能である。
わてつホームの2番線ホーム上には、東武線乗車用のIC専用簡易改札機が設置されている。東武線にPASMO等の交通系ICで乗車し、わてつに乗り換える際は当改札に必ずタッチしなければならない。
わてつ2番線ホーム上には待合所が設けられている。
待合所には手書きっぽいフォントで水沼・神戸・足尾方面と書かれている。また、その横に設置された番線標もそこはかとなくいい味を出している。なお、神戸方面の「神戸」とは、100万ドルの夜景の「こうべ」ではなく、群馬県の山あいにある「ごうど」のことである。
東武線ホームは、前述の通り島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている。特急りょうもう号が停車するため、有効長は比較的長くなっている。
当駅わてつホーム1番線の駅舎横には、レンガ造りの倉庫が現在も残っている。
また、当駅にはホーロー製の縦型駅名標が残っており、筆文字タイプの青ホーローがわてつ1番線・2番線両ホームに存在する。
2番線ホームのホーロー。ホームの電柱に取り付けられている。駅舎からホーローは撤去されてしまったが、ホームではこのように現役で使用されている姿を見ることができる。
また、改札口付近の駅舎柱には、1 | 桐生方面と書かれた縦型のホーロー製方面表示看板が残る。このように、番線標と一体になったタイプのホーロー製方面表示は非常にレアである。
同じく、改札口付近の駅舎柱には手書きの乗り場案内看板が残っている。文字が薄くなっているが、路線名が手書きで追加されていることがわかる。
わてつ1番線の足尾寄りには、「東武線のりかえ」と書かれた自立式の乗り換え案内看板が設置されている。
駅舎の事務室出入り口付近には、駅長と書かれていたと思われる木製の看板が残る。しかし、「駅長 STATION MASTER」の部分は削って消されており、非常に雑な処理をされた状態のまま残っている。これはこれで非常に味のある代物と言える。
この他、駅舎のホーム側には手書きっぽいプラ板の縦型駅名標が残っているが、文字がかなり薄くなっており、消えかけてしまっている部分もある。
わてつ2番線ホーム待合室には、国鉄駅名標と並んで木製手彫りと思われる縦型駅名標もある。恐らく比較的新しいものと思われる。このように、当駅構内にはわてつホームを中心に、看板マニア必見のもじ鉄案件が多数存在する。

————————————————–
所在地:群馬県桐生市
乗入路線
■ わたらせ渓谷線
東武桐生線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください