高師浜駅

南海高師浜線の駅、高師浜の改札画像です。

駅名標。当駅は南海高師浜線の終着駅である。南海本線の高架化に伴い、羽衣ー伽羅橋間の高師浜線も高架化工事を行うこととなり、工事期間中の2021年春〜2024年春までの3年間は運行を休止し、バス代行を行っている。
駅舎。開業当時からのものと思われる洋風の木造駅舎となっている。1970年の高師浜線高架化の際に解体の話が持ち上がったが、地元の保存運動により保存され、現在に至っている。
駅舎の屋根や庇、小窓等の形状が凝った造りとなっており、次世代に残したい名駅舎である。
改札口。当駅は無人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
改札内から見た改札口の様子
きっぷ売り場の様子。自動券売機・乗車駅証明書発行機が設置されている。
駅舎内部には待合スペース等は設けられていない。
駅舎の小窓にはステンドグラスがはめ込まれている…が、現在はめ込まれているものは樹脂製のレプリカであり、本物のステンドグラスは保存のため地元の高石市が保管している。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、当駅に到着した列車はそのまま折り返して羽衣駅へ向かう。
高師浜線は当駅が終着であり、線路は当駅構内で行き止まりとなっている。
ホームに停車する羽衣行き普通車。高師浜線は当駅ー羽衣間1.5kmの短い路線であり、全列車が当駅ー羽衣間でピストン輸送を行っている。
ホーム上に置かれているベンチは歴史を感じさせる造りとなっている。
改札口付近には帰りの切符を先に購入するよう推奨する手書き看板が設置されている。
線路の車止め付近には危険につき立ち入り禁止の手書き看板が設置されているが、錆により読み難くなっている。

—————————————
所在地:大阪府高石市
乗入路線
南海高師浜線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください