鹿児島中央駅

九州南部最大の駅、鹿児島中央の改札画像です。

九州新幹線駅名標。当駅は九州新幹線の終着駅であり、全国に広がる新幹線網の南側の終点でもある。
在来線駅名標。鹿児島のシンボル・西郷どんと桜島のイラスト入りである。当駅には鹿児島本線・日豊本線・指宿枕崎線の3路線が乗り入れる。
駅舎。当駅は人口60万を擁する九州第4の都市・鹿児島市の玄関口である。駅ビル・アミュプラザには観覧車があり、鹿児島のランドマークとなっている。
在来線改札口。当駅は、JR九州では博多駅・小倉駅に次ぐ利用者数を誇る。
新幹線改札口
新幹線乗り換え改札口。乗り換え改札機にIC読み取り部は付いていないため、在来線にICカードで乗車する場合は在来線改札に回る必要がある。
当駅は日本の新幹線駅では最南端に位置しており、新幹線ネットワークの終点である。最北端の新幹線駅である北海道・新函館北斗駅からの距離は実に2326.3kmにも及ぶ。
当駅前に鹿児島市電の鹿児島中央駅前電停があり、郡元、工学部前、神田、天文館通を経由する2系統のみが乗り入れる。
鹿児島市電の軌道敷は芝生により緑化されていることが特徴的で、ヒートアイランド現象の抑止、景観向上、騒音防止の効果があるとされる。鹿児島での成功をうけ、この取り組みは国内の他都市の路面電車でも行われるようになっている。

—————————————
所在地:鹿児島県鹿児島市
乗入路線
九州新幹線
鹿児島本線
日豊本線)
指宿枕崎線

鹿児島駅

鹿児島本線・日豊本線の駅、鹿児島の改札画像です。

駅名標。鹿児島のシンボル・桜島と桜島大根のイラスト入りである。当駅は鹿児島本線・日豊本線の双方の終点駅である。当駅の隣駅は、鹿児島中央駅が鹿児島本線の駅、竜ヶ水駅が日豊本線の駅である。
駅舎。鹿児島の市名・県名を冠しているが、鹿児島の代表駅は隣の鹿児島中央駅である。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
ホームは2面3線となっている。当駅は鹿児島本線・日豊本線双方の終点であるが、隣の鹿児島中央駅が実質的なターミナルとして機能している。そのため、当駅始発・終着列車は朝夕のラッシュ時間帯にわずかに設けられているのみで、日豊本線の中間駅であるかのような扱いとなっている。
博多、熊本など九州西側を経由する鹿児島本線のキロポスト。門司港から400kmを示す。
大分・宮崎等東九州を経由する日豊本線のキロポスト。小倉から462kmを示す。
当駅駅前には鹿児島市電の鹿児島駅前電停があり、天文館通、騎射場、郡元を経由し谷山に至る1系統と、天文館通、中央駅前、工学部前を経由し郡元に至る2系統が発着する。
鹿児島市電の軌道敷は芝生により緑化されていることが特徴である。

—————————————
所在地:鹿児島県鹿児島市
乗入路線
鹿児島本線
日豊本線