桜岡駅

石北本線の駅、桜岡の改札画像です。

駅名標
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている
駅舎。白い外装と小豆色の三角屋根が特徴的な駅舎。駅名「桜岡」にちなみ、駅舎外装には桜の花が描かれている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部。小ぢんまりとした待合スペースとなっている。
駅舎内部には窓口の跡が残る。
ホームは相対式2面2線で列車の行き違いが可能である。

—————————————
所在地:北海道旭川市
乗入路線
 石北本線

東旭川駅

石北本線の駅、東旭川の改札画像です。

駅名標。東旭川という駅名であるが、旭川駅の隣にあるわけではなく、旭川駅までは4駅離れている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている
駅舎。茶色の外装が特徴的であり、扉・窓付近のみ白色となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部は比較的広々とした待合スペースとなっている。
ホームは相対式2面2線となっており列車の行き違いが可能。上下線のホームは千鳥配置となっている。
駅舎反対側のホームへは構内踏切を渡って移動する。

—————————————
所在地:北海道旭川市
乗入路線
 石北本線

南永山駅

石北本線の駅、南永山の改札画像です。

駅名標。当駅は石北本線の駅であるが、永山駅と北永山駅は隣の新旭川駅で合流する宗谷本線にある。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている
駅全景。当駅はホームと待合室のみの無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
待合室の様子。中央部分のみ山型に突き出ている形が特徴的である。また、外装は白色を基調としながらも、青いタイルが「山」の字型に配置されている。
待合室内部。広々とした空間が広がっている。
待合室が広いこと、駅周辺に高校があること、駅前に自転車が多く駐輪されていることから、当駅の利用者が比較的多いことが見て取れる。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、行き違い不可能である

—————————————
所在地:北海道旭川市
乗入路線
 石北本線

新旭川駅

宗谷本線と石北本線の分岐駅、新旭川の改札画像です。

駅名標。当駅は宗谷本線と石北本線の分岐駅となっている。当駅は石北本線の起点駅であるが、石北本線の列車は全列車が旭川駅まで乗り入れる。また、駅番号は石北本線のもののみが付番されている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている
駅舎。緑のトタン屋根が特徴的な、重厚な木造駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内は広々とした待合スペースとなっている。
駅舎内部の様子
ホームは2面3線となっている。当駅の線路は電化されているが、これは当駅ー永山間にある旭川運転所への回送列車のための電化設備である。そのため、当駅を発着する旅客列車は全て気動車で運行される。
ホーム上には北海道の風景写真が貼られた看板があるが、経年劣化によって褪色・剥がれが発生し、何かわからなくなっている。

—————————————
所在地:北海道旭川市
乗入路線
宗谷本線
 石北本線

生野駅

石北本線の駅、生野の改札画像です。

駅名標。当駅は利用者僅少により2021年3月のダイヤ改正をもって廃止が決定した。
駅全景。短いホームがあるのみの無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。
当駅周辺は広大な農地が広がっており、民家はほとんどみられない。
当駅の時刻表。遠軽方面への上り列車が1日に1本、生田原方面への下り列車が1日に2本の合計1日3本の停車にとどまっており、鉄道のみでの訪問は至難の業である。
当駅に設置されている運賃表

—————————————
所在地:北海道紋別郡遠軽町
乗入路線
 石北本線