北見駅

石北本線の駅、北見の改札画像です。

駅名標。オホーツク地方の中心都市であり、10万人を超える人口を擁する北見市の代表駅である。石北本線の主要駅でもあり、特別快速きたみ号の始発・終着駅であり、全ての特急列車も停車する。
LEDタイプの電照式駅名標も設置されている。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。
当駅設置の名所案内。北見フラワーパラダイスのイラストが入っている。
駅舎。三角屋根が特徴的な横に長い駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。当駅は列車別改札のため、列車到着の5〜10分前まで改札内に入ることはできない。
当駅には自動券売機が設置されており、通常の自動券売機が1台、クレジットカード専用の指定席券売機が1台設置されている。
当駅にはみどりの窓口が設けられている。
駅舎内部には待合室のほか、売店「北海道四季彩館」が設けられている。
待合室内部の様子。利用者が多いためか広々とした空間となっている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている。
駅構内には留置線が複数あり、比較的広い敷地を有する。
跨線橋付近には「右側通行」の木製手書き看板が残っていた。
また、改札外にあるコインロッカー付近には手書きと思われる看板が設置されていた。
当駅が立地する北見市はカーリングが盛んな街として知られており、2018年冬季五輪で話題となった「ロコ・ソラーレ」も北見を拠点としている。駅前にはカーリングのストーンをモチーフとした郵便ポストが設置されている。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線

西北見駅

石北本線の駅、西北見の改札画像です。

駅名標
駅名標
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。
駅入口。当駅には駅舎はなく、待合室とホームがあるのみの無人駅となっている。
待合室の様子。コンクリート造りの近代的なデザインとなっている。
待合室内部の様子。外壁に沿って弧を描くようにベンチが設置されている。
待合室外側にもベンチがあるが、屋根は設けられていない。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、列車の行き違いは不可能である。ホームは一部がコンクリート造り、一部が板張りとなっている。駅周辺は北見市郊外の住宅地である。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線

東相内駅

石北本線の駅、東相内の改札画像です。

駅名標。北見市街地の西端に位置する。当駅付近に高校があるため通学客の利用がみられ、夕方に当駅始発・終着となる列車が1往復存在する。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。
駅舎、開業当時から残ると思われる木造駅舎が使用されている。石北本線でも残存例が僅かとなりつつある貴重な木造駅舎の1つである。
駅舎には手書きと思われる縦型駅名標が設置されているが、経年劣化のためか部分的に剥がれており文字が読み難くなっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。かつての窓口跡は封鎖されている。
駅舎内部は広々とした待合室となっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは単式2面2線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。ホームは千鳥配置となっている。
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線

相内駅

石北本線の駅、相内の改札画像です。

駅名標。当駅は長らく「相ノ内駅」という駅名であったが、1997年に現在の駅名である「相内駅」に改称された。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されていた。もしあなたが愛のない関係に疲れてしまったならば、当駅を訪れてみるといいかもしれない。
駅舎。赤とベージュのツートンカラーが特徴的な駅舎となっている。
駅舎には駅名の立体文字が掲げられている
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室となっている
駅舎内部の様子。自動券売機等は設置されていない。
ホーム側から見た駅舎の様子。ホーロー駅名標が4枚貼られている。
ホームは千鳥配置の相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線

留辺蘂駅

石北本線の駅、留辺蘂の改札画像です。

駅名標。当駅には特急オホーツク・大雪号を含む全ての列車が停車する。
自立式駅名標
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている
ホーム設置の名所案内。当駅は温根湯温泉の玄関口であり、名所案内の記載内容も温根湯温泉に関する内容が多くを占める。エゾムラサキツツジ群落のイラストが入っている。
駅舎。鉄筋コンクリート製の横に長い駅舎となっている。
駅舎には駅名の立体文字が取り付けられており、味のある形状が特徴的である。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつて窓口があったと思われる箇所は封鎖されており、掲示板が置かれている。
駅舎内部は広々とした待合室となっている。
駅舎内部は広々とした待合室となっている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いが可能である。なお、ほとんどの普通列車は駅舎側の1番のりばから発着し、全ての特急列車は跨線橋を渡った2番・3番のりばから発着する。
1番のりばには手書きと思われる番線標が設置されている。
駅舎から1番のりばへは通路を通ってダイレクトに行くことができる。2番・3番のりばへは跨線橋を渡る必要がある。
跨線橋は歴史を感じさせる造りとなっている。
跨線橋内には手書きののりば案内看板が設置されている。看板内には石北本線で運行される183系車両とは似つかない謎の車両が描かれている。
ホーム上にはログハウス風の待合室が設けられている。
待合室付近にも手書きののりば案内看板が設置されている。画像は遠軽・旭川方面のもの。
北見・網走方面の手書きのりば看板。釧網線知床斜里駅の駅名が旧駅名である「斜里」のままとなっている。
ホーム上の待合室内部の様子。
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線