雫石駅

秋田新幹線の駅、雫石の改札画像です。

駅名標。当駅には秋田新幹線が1日4往復停車する。
駅舎。小岩井牧場を擁する雫石町の玄関口で、特徴的なデザインの橋上駅舎である。
改札口。モバイルSuica特急券専用の簡易型自動改札機が設置されている。
通常の新幹線用自動改札機に似たビジュアルだが切符には一切対応していない。
以前の改札口。モバイルSuica用の簡易改札機は在来線用簡易改札機に似たデザインであった。
当駅には改札内にエレベーターがないため、車椅子利用者向けの出入り口がある。
駅舎内の待合室
駅舎内は待合室・観光案内所のみならず、居酒屋やレストランも入居している。
ホームは2面3線。1日4往復停車する秋田新幹線は全て1番線から発車する。
田沢湖線の普通列車は盛岡ー当駅間の列車が多く、当駅以西の本数は減る。

—————————————
所在地:岩手県岩手郡雫石町
乗入路線
秋田新幹線
田沢湖線

田沢湖駅

秋田新幹線の駅、田沢湖の改札画像です。

秋田新幹線駅名標。当駅には上下1往復を除く秋田新幹線の全列車が停車する。
田沢湖線駅名標。田沢湖線は当駅以西が秋田県で、隣の赤渕駅以東は岩手県となる。
当駅ー赤渕間は県境を超えることもあり普通列車の本数は4往復に激減する。
駅間は18.1kmと非常に長く、この間に信号場が2箇所ある。
駅舎。当駅は駅名の通り、たつこ像で知られる田沢湖の最寄駅である。
ガラス張りのモダンなデザインの駅舎は秋田新幹線開業時に建設された地平駅舎。
改札口。モバイルSuica特急券専用の簡易型自動改札機が設置されている。
通常の新幹線用自動改札機に似たビジュアルだが切符には一切対応していない。
以前の改札口。モバイルSuica用のIC専用簡易改札機は在来線用と似たデザインであった。
駅舎内部。木材とガラスを多用したモダンなデザインとなっている。
ホームは2面3線。田沢湖線の普通列車は大部分が当駅で大曲方面へ折り返す。
秋田新幹線は秋田方面が1番線、盛岡方面が2番線から発着する。
ホーム上には田沢湖の伝説に登場する龍の頭が展示されている

—————————————
所在地:秋田県仙北市
乗入路線
秋田新幹線
田沢湖線

角館駅

田沢湖線の駅、角館の改札画像です。

駅名標。秋田新幹線と田沢湖線両方のラインカラーが入っている。
駅名標。こちらは田沢湖線のラインカラーのみ入っている。
秋田内陸線駅名標。当駅は秋田内陸線の終着駅である。 
JR線駅舎。武家屋敷をモチーフとしたデザインである。東北の駅百選に選ばれている。
駅舎入口の駅名表示
改札口。モバイルSuica特急券専用の簡易型自動改札機が設置されている。
通常の新幹線用自動改札機に似たビジュアルだが切符には一切対応していない。
以前の改札口。モバイルSuicaはIC専用の簡易改札機で対応を行なっていた。
新幹線停車駅であるため、みどりの窓口および指定席券売機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面3線
ここ角館はみちのくの小京都として知られ、武家屋敷や風情溢れる町並みが広がる。
秋田内陸線の駅舎。JRの駅舎とは別建てだが隣接している
駅舎内部。乗車券窓口とグッズ販売所がある
改札方面を望む
改札前には待合スペースがある。秋田新幹線のホームとは隣接しているが直接乗換できない。
改札口。列車が来ない時間帯は封鎖されホームには立ち入ることができない
ホームは単式1面1線の棒線駅となっている
ホームのすぐ横には車庫がある
車庫の壁には秋田弁を含む様々な言語で書かれた歓迎の表示がなされている 

—————————————
所在地:岩手県仙北市
乗入路線
秋田新幹線
田沢湖線
 秋田内陸縦断鉄道

大曲駅

秋田新幹線の駅、大曲の改札画像です。

秋田新幹線駅名標。秋田新幹線は当駅で列車の進行方向が変わる。
そのため当駅には秋田新幹線の全列車が停車する。
奥羽本線駅名標。奥羽本線は福島ー青森間を山形・当駅・秋田経由で結ぶ。
当駅ー秋田間は秋田新幹線のルートであり、奥羽本線上を秋田新幹線として走る。
田沢湖線駅名標。田沢湖線は盛岡を起点とし当駅が終着駅となる。
田沢湖線も秋田新幹線のルートであり、田沢湖線上を秋田新幹線として走行する。
駅舎。「大曲の花火」にちなみナイアガラの滝をモチーフとしたモダンなデザイン。
1997年の秋田新幹線開業に伴い整備された橋上駅舎で、1998年グッドデザイン賞受賞。
改札口。自動改札機が設置されている。秋田新幹線の改札は在来線改札内にある。
そのため、新幹線乗車時もこの改札を一度通り、新幹線改札を再度通る必要がある。
券売機・待合室周辺
改札付近から駅舎内を望む。駅前広場へは画像左側の階段を降りる必要がある
駅舎内の自由通路。東口側へは自由通路を渡る必要がある
西口側駅舎に入ってすぐに待合室があり、地元高校生の憩いの場となっている。
ホームは3面5線。奥羽本線と秋田新幹線・田沢湖線ではレール幅が異なる。
5線中2線が奥羽本線用の狭軌、3線が秋田新幹線・田沢湖線用の標準軌である。
奥羽本線ホーム。相対式2面2線となっており列車の行き違いが可能。
1番線からは秋田方面、2番線からは横手方面の列車が発着する。
秋田新幹線の改札・ホームへは2番線ホームを通る必要がある。
秋田新幹線の乗り換え改札への入り口は2番線ホームの横手寄りに位置している。
新幹線乗換改札口。自動改札機が設置されている。
秋田新幹線の駅で切符対応の自動改札機設置駅は秋田駅と当駅のみである。
秋田新幹線・田沢湖線用ホームは2面3線。新幹線と同じ標準軌となっている。
このうち2線が秋田新幹線専用。田沢湖線普通列車は本数が少ないため1線のみ使用。
秋田新幹線・田沢湖線の線路は当駅で行き止まりとなっている。
当駅で方向転換するため秋田方面・盛岡方面ともに同じ方向に発車する。
田沢湖線ホーム上には田沢湖線の終点であることを示すモニュメントがある
駅構内から秋田・盛岡方面を望む。右に写っているのは田沢湖線の普通列車用車両。
田沢湖線は全区間新幹線と同じ標準軌であるため、標準軌対応の専用車両が使用される。
画像左側が奥羽本線用の線路、奥側が秋田新幹線・田沢湖線用の線路である。
線路の幅が違うため、当駅構内では両者が一切交わっていないことがわかる。
新幹線改札前には当駅の駅名の由来が書かれた表示がなされている。
当駅駅前に設けられた花火玉のモニュメント。ここ大曲は花火のまちとして知られる。
毎年8月第4土曜日に開かれる全国新作花火競技大会は全国的な人気を誇っており、
開催日には大仙市の人口の10倍以上である80万人もの人出が押し寄せる。
改札内にも大曲の花火に関する表示がなされている。
大曲の花火は長岡・土浦と並び日本三大花火に数えられる。
大曲の花火についての表示の前に3線軌条に関する展示がしれっとなされている。
新幹線用の標準軌と在来線用の狭軌に対応するためレールを3本並べるのが3線軌条。
奥羽本線の神宮寺ー峰吉川間はJR東日本では唯一の3線軌条区間となっている。
なお、私鉄では京急逗子線や箱根登山鉄道などで3線軌条を見ることができる。

—————————————
所在地:秋田県大仙市
乗入路線
 秋田新幹線
奥羽本線
田沢湖線

盛岡駅

岩手県の県庁所在地、盛岡の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅は東北新幹線と秋田新幹線の分岐駅である。秋田新幹線の当駅ー秋田間は正式には在来線である田沢湖線と奥羽本線を経由するが、便宜上秋田新幹線と呼ばれている。岩手県の県庁所在地である盛岡駅の玄関口であるため、当駅にははやぶさ・こまち号を含む新幹線の全営業列車が停車する。
在来線駅名標。当駅には東北本線、田沢湖線、山田線、IGRいわて銀河鉄道線の4路線が乗り入れる。IGRいわて銀河鉄道線はJR線とは別改札であるが、JR東北本線と直通運転を行う列車のみ、JR線のホームを発着するため、JR線の駅名標にも隣駅表示が青色で示されている。
東北本線単独の駅名標。当駅は東北本線の終着駅である。かつて東北本線は東京ー青森間739.2kmを結ぶ日本最長の在来線であったが、東北新幹線の八戸開業・新青森開業に伴い、当駅以北の区間がIGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道へ移管されたことにより、現在は東京ー当駅間の535.5kmとなり、日本最長の在来線の座を山陰本線(京都ー幡生間、673.8km)に譲っている。
田沢湖線駅名標。田沢湖線は当駅と大曲とを結ぶ在来線であるが、秋田新幹線の走行ルートとなっているため、レール幅が新幹線仕様の1435mmとなっており、通常の在来線(1067mm)とは異なる。そのため当駅在来線ホームにおいても、独立したホームが与えられており、東北本線等他の在来線への直通はできない。
盛岡IGR駅名
IGRいわて銀河鉄道駅名標。IGRいわて銀河鉄道は2002年の東北新幹線八戸開業に伴い、当駅ー目時間の東北本線が経営分離されたことにより開業した。当駅にはIGRいわて銀河鉄道線のほか、好摩駅から分岐するJR花輪線の列車も乗り入れる。
駅舎。岩手県の県庁所在地・盛岡市の玄関口であり、駅ビル「フェザン」を併設した堂々たる風格のある駅舎となっている。駅舎外壁には盛岡にゆかりのある詩人・石川啄木の字で「もりおか 啄木」と書かれている。
北口改札。当駅の改札口は在来線・新幹線で駅員詰所を共有しているため、在来線改札と新幹線改札が隣接した構造となっている。
在来線北口改札。EG-20型自動改札機が4通路設置されている。盛岡地区の在来線各線にはSuica等の交通系ICは導入されていないため、交通系ICでの在来線利用はできない。
新幹線北口改札
北口きっぷ売り場の様子。自動券売機のほか、大規模なみどりの窓口が設置されている。
南口改札。北口改札と同様に、在来線改札と新幹線改札で駅員詰所を共有している。
南口在来線改札。この改札から乗車できる在来線は東北本線、山田線と田沢湖線の普通列車に限られる。秋田新幹線は新幹線改札へ、IGRいわて銀河鉄道線と花輪線はIGRいわて銀河鉄道改札へ回る必要がある。
新幹線南口改札
南口側のきっぷ売り場。北口側と似たレイアウトとなっている。
新幹線乗り換え改札。北口と南口の駅員詰所に挟まれるような形で立地している。
JR在来線ホーム。JR在来線ホームは地上駅となっており、4面8線の広大な構内を有する。このうち、東北本線が3面4線、山田線が2面2線、田沢湖線が1面2線を使用する。
駅構内の様子。駅構内はかなり広大であり、引き込み線等が多数存在する。ただ、かつては非常に多数の側線や転車台等も存在したようだが、近年撤去が進んでいる。県庁所在地の市街地に位置することもあり、今後跡地で再開発等がなされるのかもしれない。
JR線構内からみるIGRいわて銀河鉄道線ホーム。貨物列車や直通列車が走行するため、東北本線と線路は繋がっているものの、IGRホームに乗り入れる線路はホームの少し先で行き止まりとなっている。
在来線ホーム上には国鉄時代から残ると思われる看板もある。ホーム上の出口・新幹線乗り場案内は、今は亡き200系車両をモチーフとしたピクトグラムが入っている。
6番線の番線標。国鉄時代からのものと思われる行灯タイプである。
7番線の行灯タイプ番線標
8番線の行灯タイプ番線標
8番線には、フォントが異なるタイプの番線標も設置されている。
9番線の行灯タイプ番線標
9番線にも、8番線同様にフォントが異なるタイプの番線標がある。
新幹線ホームは2面4線の高架駅となっている。1982年の東北新幹線開業から2002年の八戸延伸まで、長らく当駅が東北新幹線の終着駅であった。やまびこ号を中心に当駅始発・終着列車も多数存在し、当駅から新青森・秋田方面へははやぶさ号・はやて号およびこまち号のみの運転となる。
東北新幹線「はやぶさ」号と秋田新幹線「こまち」号は当駅以南では併結して運行されるが、当駅以北では分かれて運転となる。当駅でははやぶさ号とこまち号の連結・解結作業が行われ、作業実施時には鉄オタや親子連れをはじめとした見学ギャラリーができることがある。
IGRいわて銀河鉄道線の駅構内の様子。窓口・自動券売機があるほか、待合室も設けられている。
IGRいわて銀河鉄道線改札口。IGR線の改札はJR線とは別改札となっている。JR線の改札には自動改札機が設置されているが、IGR線には設置されていない。

—————————————
所在地:岩手県盛岡市
乗入路線
東北新幹線
 秋田新幹線
東北本線
田沢湖線
山田線
いわて銀河鉄道線
( 花輪線(十和田八幡平四季彩ライン))