武蔵浦和駅

埼京線と武蔵野線の駅、武蔵浦和の改札画像です。

埼京線駅名標。浦和地区に8つある「浦和」のつく駅の1つである。
当駅は埼京線と武蔵野線の乗換駅のため、通勤快速・快速を含む全列車が停車する。
武蔵野線駅名標。武蔵野線においては、西浦和、当駅、南浦和、東浦和と、
「浦和」のつく駅が4つ続くため、他駅と混同し降り間違えないよう注意したい。
駅舎。高架駅となっており、駅舎・改札・コンコースは埼京線の高架下にある。
改札口。当駅の利用者数は埼京線赤羽ー大宮間の中間駅では最多である。
埼京線ホームは2面4線。埼京線内で唯一緩急接続が行われる駅であり、
ほとんどの通勤快速・快速電車は当駅で各駅停車との接続が行われる。
武蔵野線ホームは相対式2面2線。埼京線ホームとは若干離れている。
当駅より西側、北朝霞・西国分寺方で武蔵野線は埼京線の下をくぐっている。

————————————————–
所在地:さいたま市南区
乗入路線
■ 埼京線
武蔵野線

府中本町駅

南武線・武蔵野線の駅、府中本町の改札画像です。

南武線駅名標。当駅は南武線と武蔵野線の接続駅である
武蔵野線駅名標。武蔵野線は当駅が起点だが、線路自体は貨物線として鶴見まで伸びている
駅舎
改札口。常時利用できる改札口はここ1箇所のみである
臨時口。JRA東京競馬場での競馬開催時のみ営業され、競馬場とは連絡通路で結ばれる
当駅の配線は、南武線の上下線の間に武蔵野線の上下線が入り込む形となる。
そのため、武蔵野線と南武線の乗り換えは必ずホーム間の移動を伴う。
当駅構内には国鉄時代からのサイン表示が残る

—————————————————
所在地:東京都府中市
乗入路線
南武線
武蔵野線

東松戸駅

武蔵野線と北総線の駅、東松戸の改札画像です。

駅名標。当駅は武蔵野線と北総線・成田スカイアクセスの乗換駅である。
JR線駅舎。高架駅となっている。北総線は武蔵野線の高架のさらに上を通る。
北総線駅舎。武蔵野線の高架を越えるため、かなり高い位置に線路がある。
JR線改札口
北総線・成田スカイアクセス線改札口
武蔵野線ホーム。相対式2面2線となっている。

—————————————
所在地:千葉県松戸市
乗入路線
 武蔵野線
 北総線
 京成成田スカイアクセス線

新松戸駅

常磐線と武蔵野線の交点、新松戸の改札画像です。

常磐線の駅名標。当駅は武蔵野線の乗換駅であるが、各駅停車のみの停車である。
このような例は、西船橋駅、南浦和駅、西国分寺駅(中央特快が通過)などでもみられる。
私鉄でも、京王線は武蔵野線と交わるが駅すらなく、西武池袋線の秋津駅は急行通過である。
武蔵野線の駅名標。当駅は常磐線の乗換駅であるため多くの乗客が入れ替わる。
駅舎。当駅の構造は3層構造になっている。駅舎・改札口は地上1階にある。
その上に盛り土で常磐線が通っており、高架の武蔵野線がその上で交わっている。
改札口。改札口はここ1箇所のみである。

—————————————
所在地:千葉県松戸市
乗入路線
 常磐線(各駅停車) 
 武蔵野線