田儀駅

山陰本線の駅、田儀の改札画像です。

駅名標
駅舎。駅付近にある平和ヶ丘公園の案内所との合築駅舎となっている。
駅舎内部はログハウス風の広々とした空間となっている。
比較的新しい建物であるため、清潔感が感じられる。
駅舎からホームへは構内踏切で連絡する。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
ホーム上には歴史を感じさせる造りの待合室が設置されている。
当駅は海岸線に近い位置にあり、ホームから日本海を望むことのできる「海の見える駅」である。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線

大岩駅

山陰本線の駅、大岩の改札画像です。

駅名標。ラインカラーに対応しており、山陰本線(城崎温泉〜米子)は「鳥取二十世紀梨の色」となっている。
駅舎、盛り土の上にホームがあり、階段かスロープでホームに上がる構造になっている。
ホーム上には待合室が設置されている。
待合室内部、待合用のベンチが設置されおり自動券売機等の設備はない。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム先端には構内踏切があり、ホームと反対側から駅にアクセスできる。
駅裏口、構内踏切を使い県道328号線側へのアクセスできる。

—————————————
所在地:鳥取県岩美郡岩美町
乗入路線
山陰本線

小田駅

山陰本線の駅、小田の改札画像です。

駅名標。どういうプレイなのか定かではないが、駅名標が縄で縛られた状態となっている。なぜこうなっているかは不明である。なお、取材班にはそのような趣味はない。
駅舎。バスターミナルが併設された比較的新しい駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内の待合スペースの様子
駅舎内の待合スペース
駅舎からホームは構内踏切を転用したと思われる通路で結ばれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。
かつては島式1面2線構造であり、列車の行き違いが可能であったが、棒線化に伴いホーム側の線路は撤去された。
ホーム上には趣を感じさせる木造の待合室が残っている。
また、ホーム上には謎の岩がある。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線

江南駅

山陰本線の駅、江南の改札画像です。

駅名標。江南(カンナム)スタイルとは1ミリも関係がない。
旧駅舎、開業当時から残ると思われる、青い瓦屋根が特徴的な木造駅舎が長年使用されていたが、残念ながら2022年1月頃に解体されてしまった。
駅舎に設置された1種駅名標は国鉄時代から使用されているものと思われる。
駅舎前には雰囲気ある石灯篭も置かれている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつて窓口が設けられていた箇所は現在封鎖されている。
駅舎内部は待合室となっている。
駅舎内に設置されたベンチは歴史を感じさせる造りとなっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎のホーム側には火気取扱責任者の看板が設置されている。
駅舎からホームへの通路には屋根は設けられていない。
ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線

出雲神西駅

山陰本線の駅、出雲神西の改札画像です。

駅名標。当駅は観光振興のために1993年に「神西駅」から「出雲大社口」に改称された。しかし、出雲大社からは9km離れている上に、バスやタクシーの乗り入れも無いことから苦情が相次ぎ、1999年に現在の駅名に再度改称された。わずか6年の間に2度もの駅名改称に、地元出雲市は合計2700万円を支出している。
駅舎。比較的新しい駅舎で、デザインは出雲大社風となっている。なお、出雲大社へは出雲市駅から一畑電車利用が便利である。
駅舎内部は待合室となっている。
ホーム入口。当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。
当駅は車両基地であるJR西日本後藤総合車両所出雲支所の敷地に近く、同所をホームから望むことができる。なお、同所への線路は隣の西出雲駅に通じており、入出区を兼ねた西出雲始発・終着の列車も存在する。また、山陰線は当駅より再び非電化区間となり、当駅以西を走行する列車はすべて気動車で運行される。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線