新旭川駅

宗谷本線と石北本線の分岐駅、新旭川の改札画像です。

駅名標。当駅は宗谷本線と石北本線の分岐駅となっている。当駅は石北本線の起点駅であるが、石北本線の列車は全列車が旭川駅まで乗り入れる。また、駅番号は石北本線のもののみが付番されている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている
駅舎。緑のトタン屋根が特徴的な、重厚な木造駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内は広々とした待合スペースとなっている。
駅舎内部の様子
ホームは2面3線となっている。当駅の線路は電化されているが、これは当駅ー永山間にある旭川運転所への回送列車のための電化設備である。そのため、当駅を発着する旅客列車は全て気動車で運行される。
ホーム上には北海道の風景写真が貼られた看板があるが、経年劣化によって褪色・剥がれが発生し、何かわからなくなっている。

—————————————
所在地:北海道旭川市
乗入路線
宗谷本線
 石北本線

徳満駅

宗谷本線の駅、徳満の改札画像です。

駅名標。かつては隣に芦川駅が存在したが、利用者僅少により2001年に廃止されたため、隣駅表示「かぶとぬま」がステッカー貼りされている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅全景。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっており、改札口は存在しない。ホームへはダイレクトに行くことができる。
待合室はプレハブの簡易的なものであり、隣には簡易的なトイレが並んで置かれている。
待合室内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能である。

—————————————
所在地:北海道天塩郡豊富町
乗入路線
宗谷本線

上幌延駅

宗谷本線の駅、上幌延の改札画像です。

駅名標。当駅は利用者僅少であること、ホームが土盛りで維持管理費が比較的高いこと、隣の南幌延駅との距離が近いため同駅を代替として利用可能なことを理由に2021年春のダイヤ改正での廃止が決定している。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。廃車体を転用したタイプの駅舎となっている。安牛駅ほどではないものの外壁は腐食が進んでおり錆が浮き始め、痛々しい状態となっている。
駅舎内部。細長いベンチが置かれているほか、なぜかオフィスにあるようなデスク用の椅子が1脚ある。
奥側から見た駅舎内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可能である。

—————————————
所在地:北海道天塩郡幌延町
乗入路線
宗谷本線

安牛駅

宗谷本線の駅、安牛の改札画像です。

駅名標。当駅は、利用が僅少であること、ホームが土盛りで維持管理費が比較的高額であること、南幌延駅を利用可能であることを理由に、2021年春のダイヤ改正での廃止が決定した。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。北海道にありがちな廃車体を転用した駅舎となっている。経年劣化により外装は腐食が進んでおり、駅名表示や塗装もわからなくなっている。廃止までこのまま放置プレイされるものと思われる。
駅舎内部の様子。他の廃車体転用駅舎と同様に、長いベンチが一脚設置されている。
奥側から見た駅舎内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可能である。

—————————————
所在地:北海道天塩郡幌延町
乗入路線
宗谷本線

豊清水駅

宗谷本線の駅、豊清水の改札画像です。

駅名標。当駅は利用者僅少により2021年春のダイヤ改正での廃止が決定している。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている
駅舎。三角屋根が特徴的な木造駅舎は線路同様盛り土上にあり、駅前通りからは階段を上がってアクセスする。
駅舎内部は待合室となっており、無人駅のため改札口は存在しない。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎ホーム側にはホーロー製の駅名標が設置されている
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームは島式1面2線で行違い可能である。宗谷線の美深ー音威子府間の中間駅では唯一交換設備のある駅であり、廃止後も信号場として活用されるものと思われる。駅周辺は人家が皆無であり、宗谷線全体で見てもトップクラスの秘境度を誇る。訪問時は野生動物との遭遇に注意したい。
駅周辺にある唯一の建物は完全に廃墟となっている。雪の重みで倒壊したためか、大きく骨組みが歪んでおり外壁もなくなって朽ちていくがままとなっている。建物があった痕跡は駅周辺にはこれ以外に見られないため、駅周辺の状況を鑑みると当駅の廃止はやむを得ないと言える。

—————————————
所在地:北海道中川郡美深町
乗入路線
宗谷本線