山城多賀駅

奈良線の駅、山城多賀の改札画像です。

駅名標
駅舎。橋上駅舎となっている。
橋上改札口。以前は、当駅の改札口は当改札1箇所のみであった。簡易型の自動改札機が設置された無人駅となっている。
橋上改札口の横には、簡易型の自動券売機も設置されている。
地上改札口。奈良線の輸送改善の一環として近年設置されたもので、1番のりばにダイレクトに行くことができる。こちらも、簡易型の自動改札機と自動券売機が設置された無人駅である。
ホームは相対式2面2線で、列車の行き違いが可能である。

—————————————
所在地:京都府綴喜郡井手町
乗入路線
奈良線

玉水駅

奈良線の駅、玉水の改札画像です。

駅名標。井出町の代表駅であり、みやこ路快速を含む全列車が当駅に停車する。
駅舎。2018年に新駅舎が使用開始され、橋上駅舎となった。
改札口。簡易型自動改札機が2台設置されている。また、窓口で乗車券類の購入も可能である。
きっぷ売り場周辺。窓口はみどりの窓口ではないようである。また、自動券売機は1台のみ設置されている。
自由通路の端部分には待合スペースも設けられている。
以前の駅舎は地平駅舎であった。奈良線では、複線化をはじめとした輸送改善が行われており、その一環で、駅舎の改築を行うケースが当駅以外にもみられる。
旧駅舎時代の改札口。簡易型自動改札機2台体制である点は現在と変わらない。
ホームは相対式2面2線で、列車の行き違いが可能となっている。

—————————————
所在地:京都府綴喜郡井手町
乗入路線
奈良線

棚倉駅

奈良線の駅、棚倉の改札画像です。

駅名標
前回取材時の駅名標。ラインカラー部分が現在より薄い。
駅舎。開業当時から残ると思われる、趣ある木造駅舎となっている。奈良線の木造駅舎に特徴的だが、駅舎外観は221系車両と同じ白地に青帯+茶帯に塗装されている。
改札口。簡易型自動改札機が2台設置されているほか、簡易型自動券売機もある。窓口の営業時間は16:30~19:00と短く、それ以外の時間帯は無人駅となる。
前回取材時は窓口の営業時間が11:00~19:30だった。合理化のためか、窓口の営業時間が短くなっている。
駅舎内部は待合室になっている。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能。

—————————————
所在地:京都府木津川市
乗入路線
奈良線

上狛駅

JR奈良線の駅、上狛の改札画像です。

駅名標。当駅「上狛」駅に対し片町線には「下狛」駅があるが、距離は特に近いわけではなく、約6km程度離れている。下狛駅へは、隣の棚倉駅の方が距離は近い。(約4.5km)
駅舎。開業当時から残ると思われる木造駅舎となっている。奈良線の駅に特徴的であるが、駅舎外観は221系車両と同じ白地に青帯+茶帯の塗装がなされている。
駅舎内部。簡易型自動改札機が2台設置されており、簡易型の自動券売機もある。無人駅である時間が長いが、一部時間帯は係員が配置され窓口業務も行うようである。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である。日中は、当駅で普通列車同士の行き違いを行うことが多く、京都方面・奈良方面に向かう普通列車がほぼ同時に当駅を発車する。
当駅の跨線橋上には、感電する少年のイラスト入りの、架線に対し注意を促す看板が設置されている。

—————————————
所在地:京都府木津川市
乗入路線
奈良線