佐世保駅

佐世保線と松浦鉄道の駅、佐世保の改札画像です。

JR線駅名標。佐世保独楽と九十九島をイメージしたイラスト入りである。当駅は佐世保線の終着駅であり、長崎県第二の都市である佐世保市の代表駅である。
松浦鉄道駅名標。JR九州の駅名標と色違いで、海をモチーフとしたイラストが入っている。当駅は松浦鉄道西九州線の終着駅である。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。JR九州・松浦鉄道ともに、同じ駅舎となっている。
当駅はJR線の駅としては日本最西端の駅に当たり、当駅にはその旨を示す碑が建てられている。なお、2本のレールを使用する普通鉄道の駅では、当駅にも乗り入れる松浦鉄道のたびら平戸口駅が最西端であり、モノレールも含めれば、沖縄都市モノレールの那覇空港駅が最西端である。
JR線改札口。当駅には自動改札機が設置されているが、SUGOCA・nimoca等の交通系ICはJR線では使用できない。一方、松浦鉄道では、車内ICリーダー方式でnimoca等の交通系ICが使用できる。
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、みどりの窓口が設けられている。
駅舎内部。駅ビル「えきマチ1丁目佐世保」となっており、テナントとしてエレナ(スーパーマーケット)などが入居している。
改札内コンコース
改札内コンコースには、佐世保名物の1つである佐世保バーガーを販売する店舗が入居している。
JR線ホームは3面6線であり、構内はかなり広くなっている。
1番のりばは頭端式ホームとなっている。
1・2番のりばのホーム上には、松浦鉄道のりばへの中間改札が設けられている。
松浦鉄道ホームは頭端式1面2線となっている。
1番・2番のりばいずれも、線路は当駅で行き止まりとなっている。
ホーム上には待合スペースが設けられている。
松浦鉄道ホームからJR線ホーム方向を望む。階段を降りるとダイレクトに外へ出ることができる。改札口は特に設けられていない。そのため、階段わきには自動券売機が置かれており、松浦鉄道の乗車券が購入できる。
松浦鉄道のホームへと直接通じる入口。JR線改札と向かい合うような位置にあり、階段・エスカレーターを上がると松浦鉄道ホームへダイレクトに行くことができる。
松浦鉄道からJR線へ乗り換える際は、松浦鉄道ホームからまっすぐ進んだ先にある中間改札を通る必要がある。
松浦鉄道には、鉄道むすめ「西浦ありさ」がおり、駅構内でポスターなどを見ることができる。
駅西口側を出ると、すぐ近くに港があり、軍港・港湾の街として栄えた佐世保市の歴史を垣間見ることができる。

—————————————
所在地:長崎県佐世保市
乗入路線
佐世保線
大村線)
西九州線

諏訪駅

大村線の駅、諏訪の改札画像です。

駅名標。近年設置された比較的新しいものであり、名所・名物のイラストはない。
2021年春設置の新デザイン駅名標。「天正遣欧少年使節顕彰之像」と「ガラスの砂浜」がデザインされている。シンボルマークは当駅付近に所在する「本経寺」となっている。
駅舎。小ぢんまりとした簡易型の駅舎となっている。
ホーム入り口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
自動券売機はホームの出入口付近に設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可である。ホーム横は長崎新幹線が通る予定となっており、取材時は工事が行われていた。当駅は長崎新幹線の高架橋に支障するため、線路およびホームの移設が行われた。
建設中の長崎新幹線の様子。長崎本線が諫早から鹿島を経由し肥前山口に至るのに対し、長崎新幹線は諫早から大村・嬉野を経由し武雄温泉に至る。大村市内には「新大村駅(仮称)」が当駅ー竹松間の大村線隣接地に建設予定であり、大村線にも新駅が設けられる予定となっている。

—————————————
所在地:長崎県大村市
乗入路線
大村線

日宇駅

佐世保線の駅、日宇の改札画像です。

駅名標。佐世保市の木であるハナミズキの花のイラスト入りである。
駅舎。鉄筋コンクリート造りと思われる簡易的な駅舎となっている。
駅舎内部は待合室となっている。
待合室内には自動券売機が設置されており、自動券売機の横には…
「JR日本最西端から二番目 日宇驛」と書かれた竹製の碑が設置されている。
駅舎からホームへは地下通路を渡って連絡する。
ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能である。ホームの幅は比較的狭い。
ホームの屋根下には乗り場案内看板が設置されている

—————————————
所在地:長崎県佐世保市
乗入路線
佐世保線
大村線)

大村駅

大村線の駅、大村の改札画像です。

駅名標。水戸岡デザインの量産型駅名標となっている。
2021年春設置の新デザイン駅名標。大村公園の国指定天然記念物「オオムラザクラ」と花菖蒲がデザインされている。 「玖島城」と「オオムラザクラ」となっている。
国鉄スタイルの名所案内も設置されている。
駅舎。大正時代築の、築100年を超える重厚な木造駅舎が現役で使用されている。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。当駅の利用者数は長崎県内では長崎、諫早、佐世保に次いで多く、簡易改札機は入場、出場ともに2台設置されている。
駅舎内部の様子
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、みどりの窓口も設けられている。
長崎空港最寄駅であるためか、駅舎内にはコインロッカーも整備されている。
駅舎内部は待合室となっている。
ホームは相対式2面2線で、列車の行き違いが可能である。ホームは千鳥配置となっている。
跨線橋には「JR大村駅」と駅名が大きく書かれている。
当駅のホーム屋根は木造の歴史あるものであり、独特の形状をしている。

—————————————
所在地:長崎県大村市
乗入路線
大村線

大塔駅

佐世保線の駅、大塔の改札画像です。

駅名標。佐世保市の木であるハナミズキの花のイラストが入る。当駅は佐世保線の駅であるが、隣の早岐駅から分岐する大村線の列車(快速シーサイドライナー等)も乗り入れる。
当駅の早岐方面ホームには、ホーロー縦型駅名標が残る。当駅のホーローは筆文字スタイルとなっている。
駅入口。当駅は駅舎のない無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違い可能となっている。ホームは千鳥配置である。
当駅には構内踏切が設置されており、上下線ホームの行き来に利用できるほか、自由通路としての役目も担っている。
早岐方面ホームから見た佐世保方面ホームの様子。自動券売機は、佐世保方面ホームへの出入口付近に設けられている。
佐世保方面ホームから見た早岐方面ホームの様子。当駅は付近にイオン大塔ショッピングセンターがあるため、土休日を中心に中高生の利用が多く見られる。
取材時、引退が間近に迫った国鉄型ディーゼルカーの姿を見ることができた。

—————————————
所在地:長崎県佐世保市
乗入路線
佐世保線
大村線)