東飯能駅

JRと西武池袋線の駅、東飯能の改札画像です。

JR八高線駅名標。通称「ヒガハン」。当駅はJR八高線と西武池袋線の連絡駅である。
自立式の駅名標はデザインが異なり、年季が感じられる。
西武線駅名標。西武線においては隣の飯能駅がターミナル駅となっている。
駅舎。当駅は飯能駅と並び飯能市中心部に位置する飯能の玄関口の1つである。
JR八高線改札口。近年までみどりの窓口が営業していたが現在は閉鎖されている。
JR八高線改札口。大宮・川越・八王子方面へはJR利用が便利。
西武線改札口。池袋・所沢・秩父方面へは西武線利用が便利。
西武線改札口
自由通路の様子。JR線と西武線は改札こそ分離されているが駅舎自体は同じ橋上駅舎内に入居する。
JR側から見たホームの様子。JRホームは島式1面2線で行き違い可能。
西武線側から見たホームの様子。西武線とJR線のホームは隣接している。西武線ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。池袋線・秩父線の各駅では唯一の棒線駅である。

————————————————–
所在地:埼玉県飯能市
乗入路線
八高線
西武池袋線

丹荘駅

八高線の駅、丹荘の改札画像です。

駅名標。高崎支社スタイルの駅名標だが手書き風のフォントではなくJR東日本通常タイプの駅名標に似たフォントとなっている
駅舎の壁にダイレクトに取り付けられた駅名標もある
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な趣ある木造駅舎は既に改築済みで取り壊されている。
改札口。無人駅でありIC専用簡易改札機設置。
自動券売機は設置されていない。かつて窓口があったと思われる場所は封鎖されている
駅舎内の待合スペース。木製のベンチには座布団が積まれており長い待ち時間も快適に過ごすことができる。
当駅からはかつて上武鉄道が伸びていたが既に廃止されている。当駅の駅舎内には在りし日の上武鉄道の様子を撮影した写真が展示されていた。
旧駅舎軒下。歴史と趣を感じさせる造りであることがよくわかる。
駅舎軒下には「本屋」と書かれた木製プレートと昭和6年の建物財産票が貼られていた。築約90年の歴史ある建物であったことがわかる。
ホームは相対式2面2線…であるが、駅舎反対側のホームは使用停止されており現在は1面1線の棒線駅で運用されている。線路はまだ剥がされていない。

—————————————————
所在地:埼玉県児玉郡神川町
乗入路線
八高線

児玉駅

八高線の駅、児玉の改札画像です。

駅名標。高崎支社スタイルの駅名標が設置されている。当駅は八高線における主要駅の1つ。一部列車が当駅を始発・終着とする。
駅舎。近年改築された地平駅舎となっている。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
自動券売機がある。また、みどりの窓口ではないものの、窓口で乗車券の購入が可能。
駅舎内には待合スペースが設けられている
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
ホーム脇には倉庫と思われる歴史を感じさせる雰囲気の建物が残る
当駅構内には事業用車両用と思われる側線もある。

—————————————————
所在地:埼玉県本庄市
乗入路線
八高線

松久駅

八高線の駅、松久の改札画像です。

駅名標。味のある手書き風のフォントが特徴的な高崎支社スタイルの駅名標である。
駅舎…に見えるが、これは松久駅前情報館と呼ばれる、地元美里町が建設した公共施設である。当駅の駅舎は2002年に町に相談もなく木造駅舎から改築されたが、ビジュアルが公衆トイレにしか見えないと利用者や住民から不評であった。そのため、町がログハウス風デザインの当建物を駅舎に連結する形で建設したものである。
駅前情報館の後ろに建つ当駅の本当の駅舎。住民の指摘の通りどう見てもトイレにしか見えないビジュアルとなっており、住民から批判が来ても致し方ないデザインである。
駅前情報館内部。待合スペースとなっている
駅前情報館内部
駅前情報館内部
駅入口。自動券売機のない無人駅でIC専用簡易改札機設置。簡易改札機は公衆トイレ…ではなく本来の駅舎内に設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

—————————————————
所在地:埼玉県児玉郡美里町
乗入路線
八高線

用土駅

八高線の駅、用土の改札画像です。

駅名標。高崎支社スタイルの駅名標が設置されている
駅舎。2012年に用土コミュニティステーションを併設した駅舎が竣工となった。
駅入口。自動券売機のない無人駅でIC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎に併設されたコミュニティステーション内部。待合室機能も兼ねている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

—————————————————
所在地:埼玉県大里郡寄居町
乗入路線
八高線