西山名駅

上信電鉄の駅、西山名の改札画像です。

駅名標。当駅の駅名標は他駅とは異なるデザインとなっており、一見して駅名標であるとはわかり難いデザインである。
駅周辺案内
駅入口の様子
ホーム入口。当駅は駅舎のない無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホームは単式1面1線で行違い不可能である。
駅周辺の踏切から見たホームの様子
当駅には多数の待合スペースが設けられている。ホームに隣接した待合スペースは、オーソドックスな待合室となっている。
ホーム上にもベンチが置かれている。屋根はない。
ホームから離れた場所には木造の待合所も設置されている。
デザイナーズベンチが設置された待合スペースもある。これらの変わり種の待合スペースは、当駅が最寄りの高崎産業技術専門校の卒業制作で作られたものであるという。
駅構内には、ゴミを持ち帰るよう啓発する手書き看板が設置されている。

—————————————————
所在地:群馬県高崎市
乗入路線
上信電鉄

山名駅

上信電鉄の駅、山名の改札画像です。

駅名標
吊下げ式の駅名標は行灯タイプとなっており、古くから残るものと推測される。隣駅表示「たかさきしょうかだいがくまえ」が上貼りされているが、これは2002年に同駅が後から開業したためである。
このほか、木製・縦型の駅名標も設置されており、こちらも高崎商科大学前駅の隣駅表示が上貼りされている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。古いもじ鉄案件が多数残る上信電鉄においても、ホーロー駅名標が残る駅は当駅を含めごく僅かである。
駅舎。開業当時からのものと推測される木造駅舎が残る。駅前広場等は整備されていないため駅前は狭く、駅舎の撮影はし難い。
別角度から見た駅舎の様子。妻側も独特な凝った意匠となっており趣深い駅舎であることがわかる。
改札口。当駅は平日の昼間を中心に駅員が配置されている。駅員のいない時間帯は無人駅となる。
窓口の様子。当駅には自動券売機が設置されておらず、有人時間帯は窓口で乗車券を購入する必要がある。なお、窓口で発売される乗車券は全て硬券であるとのことである。
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
改札口付近から駅舎出入口付近を望む。駅舎出入口の扉は古くから使用されているものと推測される。
駅舎内にはお忘れ物表示黒板が設置されているが、上からラミネートされた紙が貼り付けられており、実質ホワイトボード同然と運用がなされている。看板マニアなら上から貼られている紙を剥がしたくなるかもしれない。
ホーム側から見た駅舎の様子
横から見た駅舎の様子
駅舎改札口付近のホーム側には駅長・旅客運賃精算所の木製手書き看板が設置されている。なお、これらの看板は他駅でも設置例があるものである。
また、取材時には便所の木製手書き看板が外された状態で、なぜか駅舎ホーム側にあるエアコン室外機の上に放置プレイされていた。
ホームへは構内踏切を渡る必要がある
構内踏切付近には踏切注意・線路内立入禁止の手書き看板が設置されている。
また、構内踏切付近のホーム下には「でんしゃにちゅうい」と手書きで書かれている。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている。
ホームの構内踏切付近には手書きと思われる出口看板が設置されている。このように、当駅構内には非常に多数のもじ鉄案件があり、木造駅舎好き、看板好きどちらも楽しめる駅となっている。
駅舎横には白ポストが設置されており、白ポストに書かれた文字は手書きと思われる。当駅周辺でいやらしい本や怪しい本を読んだ後は、このポストにきちんと入れておこう。もちろん、取材班もポストに本を入れておいた。

—————————————————
所在地:群馬県高崎市
乗入路線
上信電鉄

高崎商科大学前駅

上信電鉄の駅、高崎商科大学前の改札画像です。

駅名標。経年劣化のためか、ひび割れが半端ない。当駅は2002年に開業した比較的新しい駅である。
駅周辺案内。駅名の由来となった高崎商科大学へは徒歩5分である。
駅入口。当駅は駅舎のない無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可能である。
駅付近の踏切から見たホームの様子。当駅は森と畑に挟まれた場所に位置しており、一見すると近くに大学があるとは思い難い自然豊かな環境が広がっている。
ホーム屋根はワンマン列車の乗車位置付近にのみ設置されている。待合室は高崎方面行きのりばの近くにのみ設けられている。
待合室内には「ゴミ社会 捨てるあなたは 犯罪者」と、若干攻撃性の高いキャッチコピーが書かれた竹短冊が吊るされている。
下仁田方面行きのりば付近の様子。こちらは、屋根の下にベンチが設けられているのみである。
取材時、駅周辺では美しく咲く紫陽花を見ることができた。
当駅に進入する下仁田行きワンマン列車。こんにゃくゼリー「蒟蒻畑」のメーカーとして知られるマンナンライフは、上信電鉄沿線の下仁田名産のこんにゃくを使用し、沿線に本社・工場を置く、沿線を代表する有力企業である。上信電鉄では同社のラッピング電車が走る様子を見ることができる。

—————————————————
所在地:群馬県高崎市
乗入路線
上信電鉄

根小屋駅

上信電鉄の駅、根小屋の改札画像です。

駅名標
駅周辺案内
駅舎。青色の外壁が特徴的な趣ある木造駅舎となっている。
改札口。一部時間帯のみ駅員が配置され、窓口営業時間中は乗車券の購入も可能である。
窓口付近に設置された精算所の看板は木製手書きの看板となっている。
精算所の木製看板と古い掛け時計がレトロな雰囲気を感じさせる
駅舎内部。黄色い木製のベンチが設置されている。駅舎のサイズの割りにはかなり小ぢんまりとしている。
駅舎内には四季折々の当駅の風景を描いたイラストが展示されている。
根小屋駅ではしばしばネコを見ることができる。取材時も、駅舎出入り口付近に寝転がるネコの様子を見ることができた。
ネコについては、駅長からエサを与えないよう注意喚起する張り紙がなされている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可である。
ホームには部分的に屋根がかけられている。
ホーム屋根の下には長くて黄色い木製のベンチが設置されている。

—————————————————
所在地:群馬県高崎市
乗入路線
上信電鉄

佐野のわたし駅

上信電鉄の駅、佐野のわたしの改札画像です。

駅名標。当駅の駅名標は他駅とデザインが異なる。当駅は2014年に開業した上信電車で最も新しい駅である。
駅全景。当駅はホームのみの無人駅となっている。高崎市街地の外れにある住宅地内に立地する当駅は、地元の要望により設置された請願駅であり、利用者も比較的多くみられる。
駅入口。無人駅であり、ホームにはダイレクトに行くことができる。背後の高架は上越新幹線で、上越・北陸新幹線の車窓からも当駅を望むことができる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可である。なお、当駅ー南高崎間には信号場が存在し、そこではしばしば列車の交換が行われる。
当駅のホームにはイラストパネルおよび、解説文が設置されている。列車待ちの暇な時間に読むといいかもしれない。
当駅の駅名「佐野のわたし」の由来を記した解説文も設置されている。駅付近を流れる烏川にかつて渡し船があったことに由来するようである。
上州富岡・下仁田方面行きの列車は、当駅を出るとすぐに烏川を渡る。
渡し船はなくなったが、現在でも佐野橋が架けられ「渡し」の役割を担っている。しかし、佐野橋は洪水時に橋げたが流される流れ橋であるため、取材時は2019年10月の台風19号の影響で流され、復旧工事中であった。
取材時の佐野橋の様子。橋桁の復旧工事が行われていた。なお、佐野橋に並行して上信電車の橋が架かっており、橋が使用可能な時は橋の上から橋梁を渡る列車を撮影することもできる。

—————————————————
所在地:群馬県高崎市
乗入路線
上信電鉄