南蛇井駅

上信電鉄の駅、南蛇井の改札画像です。

駅名標。南蛇井と書いてなんじゃいと読む難読駅名であり、珍駅名としても知られる。
吊下式駅名標は行灯タイプとなっており、古くから残るものと推測される。
吊下式駅名標は行灯タイプとなっており、古くから残るものと推測される。
当駅には木製手書きの縦型駅名標も設置されている。
駅舎。開業当時から残るものと思われる木造駅舎となっている。
改札口。当駅は一部時間帯に駅員が配置されている。駅員配置時間帯以外は無人駅となる。
駅舎内部。当駅には自動券売機は設置されておらず、駅員配置時間帯には窓口で乗車券の購入が可能である。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
ホームから見た駅舎の様子
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する
ホームは島式1面2線となっており列車の行き違いが可能である。
駅構内にはかつてのホーム跡と思われる遺構も残る。
歴史ある木造駅舎を有する当駅には、趣あるもじ鉄案件も多い。駅員詰所付近には「旅客運賃精算所」の木製手書き看板が設置されている。
窓口のガラスに書かれた「きっぷうりば」の文字は手書きと推測される。
改札口付近には、レトロな温度計も設置されている。
駅舎のホーム側には、「駅長」と書かれた木製手書き看板が設置されている。
駅長看板は、先述の木製手書き縦型駅名標とクロスするような形で設置されている。
改札口付近には上信電車沿線の行事案内黒板が設置されている。取材時、特にイベントはないようであったが、ポスターが3枚貼られていた。

—————————————————
所在地:群馬県富岡市
乗入路線
上信電鉄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください