小奴可駅

芸備線の駅、小奴可の改札画像です。

駅名標
駅舎。歴史を感じさせる木造駅舎である。駅舎内にはタクシー会社が入居する。
「小奴可駅」と書かれた木製の第一種駅名標。文字が消えかけている。
改札口。窓口があり、乗車券の購入が可能である。
改札口には「国鉄をご利用ありがとうほざいます。」の看板が残る。なお国鉄と書かれたいた部分はJRに変わっている。
「きつぷうりば」とかかれた窓口は簡易委託化された今でも国鉄時代からの趣を残している。
駅舎内は待合室となっている。
駅舎内部、反対側から撮影。木製ベンチと通常のベンチの2種類が置かれている。
ホームから見た駅舎の様子。かつて使われていた改札ラッチ跡が残る。
当駅に残るラッチ跡、歴史を感じる金属製のラッチが当駅には残る。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。対面にはかつて使用されていたホームの跡が残る。
「小奴可駅は小奴可の玄関です」とかかれた。小奴可小学校の看板が掲示されている。同様の看板は隣の道後山駅にも設置されている。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください