乙原駅

三江線の駅、乙原の改札画像です。

駅名標
三江線活性化委員会により設置された、石見神楽にちなんだ駅名標。
当駅には、「帯舞駅」との愛称がつけられている。
駅舎。当駅の駅舎は小さな待合室のみとなっている。
駅舎は盛り土上にあるホーム上に設けられている。
待合室内部。待合室にはベンチ・時刻表・駅ノートがある。
ベンチには座布団が置かれており、利用者が少ないながらも手入れされている印象を受ける。
また、掃除用具が端っこに置かれている。
ホームは単式1面1線で、行き違いは不可能となっている。
森が線路すぐ脇に迫っており、鬱蒼とした印象を受ける。
また、取材時は線路上に栗が沢山落ちていた。
駐輪場。自転車が2台のみ置かれており、利用者の少なさを物語っている。

—————————————
所在地:島根県邑智郡美郷町
乗入路線
三江線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください