荻生駅

富山地方鉄道本線の駅、荻生の改札画像です。

駅名標、新黒部駅などにある地鉄の新タイプの駅名標となっている。
旧駅舎時代の駅名標。2019年春に導入された駅番号はステッカーでの対応となっている。
旧駅舎時代の駅番号導入前の駅名標
駅舎、2019年に駅舎が移転し新築の駅舎となった。
駅入口部分、バリアフリー対応になっている。
旧駅舎、歴史を感じさせる赤い屋根と黄緑色の壁が特徴的な木造駅舎だった。
現在旧駅舎があった場所は更地となり、かつての遺構は残っていない。
当駅は無人駅の為改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室になっている。
旧駅舎改札口跡。無人駅となっており改札口は存在しない。
旧駅舎の改札口付近には「定期券拝見」と書かれた木製の看板が残っていた。
かつて窓口があったであろう場所は板で塞がれ、掲示板となっていた。
旧駅舎内部、駅舎内は待合室になっていた。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可、ホーム上にも待合スペースが存在する。
旧ホームもホームは単式1面1線の棒線駅で、現在のホームのちょうど向かいにあった。
旧ホームのあった場所は細長い更地となっている。
旧駅舎のホーム側にはホーロー製の縦型駅名標も残っていた。
その他、かなり昔に設置されたと思われる看板も残っていた。
新駅舎工事中の様子。当駅を最寄とする桜井中学校と折立駅を最寄とする宇奈月中学校が統合し、新校舎が桜井中学校跡地に建設されることとなった。これにより、宇奈月地区からの生徒が当駅まで地鉄電車を利用して通学することとなり、駅利用者の増加が見込まれることから駅舎の改築がなされることとなった。
新駅舎のホームは旧駅舎とは反対側に設けられた。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください