能町駅

氷見線の駅、能町の改札画像です。

駅名標。当駅は氷見線のほか、貨物線である新湊線が乗り入れる。また近くに万葉線の新能町電停があり、徒歩で乗り換えが可能。
駅舎。趣のある木造駅舎を有する。

 
 

当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部。自動券売機があるほか、ベンチがあり待合スペースが設けられている。
窓口跡の様子。かつてはJR貨物が業務委託を行っていたが、現在は無人駅となっているため封鎖されている。
 
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。当駅から貨物線である新湊線が分岐するため、駅構内は広い。
当駅構内には「踏切降下はよいか」と書かれた手書き看板が設置されている。
—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
氷見線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください