西枇杷島駅

名鉄名古屋本線の駅、西枇杷島の改札画像です。

駅名標
旧駅舎。名鉄線では数少ない木造駅舎が使用されていたが、駅改良工事に伴い2021年1月に新駅舎が供用開始された。
旧駅舎の様子
旧駅舎時代の改札口。名古屋方面・岐阜方面とも同じ改札で、自動改札機が設置されていた。ホームが狭いため列車到着時以外はホームへ立ち入ることはできなかった。営業上は無人駅であったが、ホームへの構内踏切の遮断棒を操作する係員が配置されていた。
旧駅舎時代のきっぷうりば
旧駅舎時代の駅舎内部は待合スペースとなっていた。
ホームは相対式2面2線となっている。かつては2面4線構造であり待避線を有していたが、ホーム拡幅に伴い待避線は廃止され、待避線跡地はホーム拡張の用地となった。
旧駅舎時代、ホーム同士の行き来は構内踏切にて行っていた。
当駅から名古屋方面を望む。当駅付近には名古屋本線と犬山線の分岐点である枇杷島分岐点がある。枇杷島分岐点はデルタ線となっており、デルタ線全てが当駅構内という扱いになっている。

————————————————–
所在地:愛知県清須市
乗入路線
名鉄名古屋本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください