長滝駅

阪和線の駅、長滝の改札画像です。

駅名標
自立式駅名標
駅舎。赤いトタン屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
改札口。無人駅となっており、ICOCA等の交通系IC対応の簡易型自動改札機が2台設置されている。
2017年頃の改札口の様子。かつてはみどりの窓口も営業していたが、みどりの窓口閉鎖に伴い無人駅となった。他駅ではみどりの券売機プラスが設置されるなどの救済措置がなされた駅も多いが、当駅には設置されていない。
改札内から見た改札口の様子。簡易型自動改札機には集札機能はないため、使用後のきっぷは集札箱に入れる必要がある。
JR西日本の旧デザイン縦型駅名標。他駅ではホームでの設置例が多いが、当駅ではなぜか改札口付近に設置されている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機が2台設置されている。
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
ホームは2面4線となっており、列車の待避が可能となっている。ホーム幅は非常に狭い。
吹田総合車両所日根野支所は日根野駅から分岐する車庫であるが、広大な敷地面積を有しており当駅のホームから留置線に留置される車両を望むことができる。
和歌山方面ホームから望む吹田総合車両所日根野支所の様子。留置線の終端部が当駅付近にあり、終端部ギリギリまで多数の車両が留置されていることが伺える。
当駅構内には国鉄時代に設置されたと思われるのりば案内看板が残る。
天王寺方面のみならず、和歌山方面ののりば案内も残っている。

—————————————
所在地:大阪府泉佐野市
乗入路線
阪和線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください