武蔵砂川駅

西武拝島線の駅、武蔵砂川の改札画像です。

駅名標。当駅は国営武蔵昭和記念公園砂川口の最寄駅であるため、駅名標にその旨の記載がなされている。
サイズ違いの駅名標。なお昭和記念公園自体に最も近いのはJR青梅線西立川駅である。当駅はあくまでも砂川口への最寄駅であり、砂川口へも駅から徒歩20分程度要するためアクセスが良好とは言い難い。
駅舎。ホームは高架であるが駅舎は地上にある。
改札口
ホームは相対式2面2線となっている。
当駅は昭和記念公園砂川口の最寄り駅であるため、ホーム壁には昭和記念公園の四季をイメージした装飾がなされている。春の桜、夏のひまわりが描かれる。
秋のコスモス、冬の水仙が描かれる。
当駅を含む拝島線の玉川上水ー拝島間は単線と複線が入り混じる区間となる。画像は当駅から玉川上水方を望んだもの。玉川上水ー当駅間は単線区間である。
当駅から拝島方を望んだ様子。当駅ー西武立川間は複線区間となっている。
先述の通り当駅は昭和記念公園砂川口の最寄駅であるが公園までは徒歩20分程度かかりアクセスが良いとは言い難い。当駅改札前には公園までのアクセスマップが置かれている。
駅舎わきにある南北連絡通路。公園は当駅の南側にあるためこの通路を通る必要がある。

————————————————–
所在地:東京都立川市
乗入路線
 西武拝島線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください