馬庭駅

上信電鉄の駅、馬庭の改札画像です。

駅名標
吊下げ式駅名標は行灯タイプとなっており、近年交換されたものと思われる。
また、駅舎のホーム側壁には木製手書きの縦型駅名標が設置されている。
また、ホームから見える位置に手書きと思われる駅名標も設置されている。このように当駅には駅名標だけで最低4タイプ設置されている。
ホームには駅周辺案内も設置されている
駅舎。開業当時からのものと推測される木造駅舎が残る。駅前は道路を挟んですぐに民家の敷地となり、駅前広場等がないため、駅舎正面から全体を写すことは不可能である。
改札口。当駅には一部時間帯に駅員が配置されている。駅員不在時間帯は無人駅となる。
駅舎内部。駅員配置時間帯は窓口で乗車券の購入が可能である。
駅舎内部。付近に高校があり通学客が利用することもあり、広々とした待合室となっている。
駅舎内には上信電鉄沿線にある観光地の1つである上野三碑の写真が飾られている。
また、駅舎内には沿線行事案内の黒板が設置されているが、取材時はCOVID-19の緊急事態宣言明け直後の時期であったこともあり、特にイベント等の告知はなされていなかった。
ホーム側から見た駅舎の様子
改札口からホームへは駅舎と線路の間にある細い通路を通ってアクセスする。
改札への通路入口付近には出口の箇所を示す木製手書きの看板が置かれている。
改札とホームを結ぶ通路上には先ほど紹介した木製手書きの縦型駅名標が設置されているほか…
木製手書き筆文字の出口看板
「駅長」と書かれた木製手書き看板等、多数のもじ鉄案件がある。
ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
構内踏切の駅舎側には小さな庭のようなものがある。
構内踏切から見たホームの様子
ホームは島式1面2線となっており列車の行き違いが可能である。
ホームからホーム屋根と駅舎を望む。先述の手書き駅名標が写り込んでいるが、どこにあるかわかるだろうか。
このほか、駅構内の某所には通過列車の案内看板がしれっと置かれていた。現在、上信電鉄で運行される列車は全て各駅停車であるため、この看板は使用されていないものと思われる。このように、当駅構内には看板マニア必見のもじ鉄案件が多数存在する。

—————————————————
所在地:群馬県高崎市
乗入路線
上信電鉄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください