北山田駅

久大本線の駅、北山田の改札画像です。

駅名標。大分地区では近年メイリオフォント使用の駅名標への更新が進んでいる。当駅の駅名標にはイラストは入っていない。
駅舎。ログハウス風の駅舎は玖珠町の観光物産館と合築で建てられたものだが、現在観光物産館は撤退してしまった。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。駅舎内部は待合室となっており、丸太のイスと木製テーブルが置かれている。
駅舎内部にはシャッターが下ろされたスペースがある。この部分に以前観光物産館があったのかもしれない。また、きっぷうりばの窓口跡も残っている。
きっぷうりばの文字は手書きと思われる。
窓口には「今しばらくお待ちください」と書かれた手書き看板が置かれていた。無論、現在は無人駅であるため永遠に待たないといけない。
駅舎内部には便所も設けられている。
ホーム側から見た駅舎の様子。駅舎からホームへは階段を上がる必要がある。
駅舎のホーム側には木製の手書き駅名標が取り付けられていた。
また、ホームから駅舎2階をダイレクトに結ぶ通路が設置されているが、現在使用可能かどうか不明である。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。ホーム周辺には桜の木が植えられており、春には美しい花を咲かせる。
ホーム上には待合スペースが設けられている。
当駅の駐輪場付近には手書きっぽい玖珠町の観光案内図が設置されていた。

—————————————
所在地:大分県玖珠郡玖珠町
乗入路線
久大本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください