紀伊中ノ島駅

阪和線の駅、紀伊中ノ島の改札画像です。

駅名標、かつては和歌山線と阪和線の交差駅であったが和歌山線の和歌山駅乗り入れに伴い廃止となった。
駅舎、歴史を感じさせる風情ある駅舎となっている。
駅舎の第一種駅名標、国鉄時代から使われていると思われる。
紀伊中ノ島駅舎内部
駅舎は現在は使用されておらず、券売機や改札、ベンチ等は一切設置されていない。かつて、当駅が和歌山線と阪和線の乗換駅だった頃に使用されていたと思われる。
駅舎内にはかつての窓口跡が残る。
紀伊中ノ島券売機
券売機は駅舎から改札方面に進んだあたりに設置されている。券売機〜改札のあたりは、かつての和歌山線ホーム跡となっている。
紀伊中ノ島改札
改札口、当駅は乗車人員400人程度の駅としては異例の扉付きフル自動改札機設置駅である。
これは、当駅が無人駅であったため、不正乗車の温床となっていたためである。現在は扉付きの改札のほか、駅員詰所も設置され、不正乗車はほぼ不可能となっている。
紀伊中之島 改札
かつての改札口の様子。切符対応の簡易型改札機が設置されていた。
旧和歌山線のホーム跡、現在もしっかりと跡は残っている。線路は和歌山線の田井ノ瀬駅から当駅経由で紀和駅へと続いていた。奥の高架は阪和線の線路となっている。
ホームは相対式2面2線となっている。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
阪和線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください