川田駅

徳島線の駅、川田の改札画像です。

駅名標
駅舎。若干手が加えられているものの、開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。駅前は駐車場となっており、車が止まっていることが多いため駅舎撮影はし難い。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつての窓口跡は封鎖されており、自動券売機は設置されていない。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎とホームは跨線橋にて結ばれる。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
跨線橋から俯瞰したホームの様子
当駅のホーム上屋は趣ある造りとなっている。
ホーム上屋には手書きののりば案内看板が設置されている。画像は上り徳島方面行きの看板。
ホーム上屋に設置された下り阿波池田方面ゆきの手書きのりば案内看板。
ホーム上にある柱にも、金属製と思われる手書きのりば案内看板が設置されている。
駅舎には木製の建物財産標が設置されている。
また、駅前には当駅周辺のイラスト入り案内マップが設置されているが、設置からかなりの時間が経過したためか表示は随分と薄くなっている。
当駅付近には火の見櫓が建っており、当駅周辺の集落の様子と合わせて跨線橋から望んだ光景は郷愁を感じさせるものである。
当駅駅舎ホーム側には白ポストが設置されている。このように、木造駅舎あり、もじ鉄案件あり、上家あり、火の見櫓あり、白ポストありと、当駅周辺には趣を感じさせるアイテムが豊富に存在する。

—————————————————
所在地:徳島県吉野川市
乗入路線
徳島線(よしの川ブルーライン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください