JR五位堂駅

和歌山線の駅、JR五位堂の改札画像です。

駅名標。JR西館内でしばしば見られる、駅名に「JR」のつく駅の1つである。近鉄電車の五位堂駅が当駅付近にあるため、区別するために「JR」がついている。
ラインカラー導入前の駅名標
駅舎。当駅は元々あった五位堂信号場を地元の請願により旅客駅として整備したもので、2004年に開業した比較的新しい駅である。近鉄電車の五位堂駅へは徒歩15分程度離れている。
改札口。有人駅であり、みどりの窓口設置駅である。改札機は簡易型のものが1台設置されている。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
駅舎と反対側のホームには勝手口が設けられているが、この勝手口には集札箱のみが設置されている。
勝手口を駅の外から望む。この勝手口を利用する際、既に乗車券を持っている場合以外は駅舎側に回ってICタッチや乗車券の購入をする必要があるため、地味に不便である。

—————————————
所在地:奈良県香芝市
乗入路線
和歌山線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください