引治駅

久大本線の駅、引治の改札画像です。

駅名標。露天風呂のイラストが入っている。大分地区でよく見かけるメイリオフォント使用の近年交換された駅名標であるが、当駅のものはすでに表面に苔が生え始めている。
名所案内看板は手書きと思われる。大分県は「おんせん県」として知られることもあり、当駅周辺にも宝泉寺温泉・壁湯温泉の2つの温泉地があるようである。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。当駅は九重町役場の最寄駅である。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
当駅には自動券売機は置かれていない。壁の隅にはゴミ箱が置かれている。
駅舎内部は待合室となっている
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎側には緑地の駅名標が設置されていた。似たデザインの国鉄手書き駅名標が近年まで残っていたが、現在のものに更新されてしまった。
ホームへは駅舎を通らずともダイレクトに行くことができる。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており列車の行き違いは不可能である。
ホーム上にも待合室が設けられている

—————————————
所在地:大分県玖珠郡九重町
乗入路線
久大本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください