附属中学前駅

長野電鉄の駅、附属中学前の改札画像です。

駅名標、名前の通り当駅は信州大学教育学部附属長野中学校、及び同大学附属特別支援学校、小学校の最寄駅であり、当駅を挟んで両校の敷地がある。
駅舎、三角屋根が特徴の地平駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
当駅は2019年まで有人駅であった為、有人窓口跡が今も残っている。窓口は閉鎖されたが自動券売機が1台設置されており、脇には係員呼び出し用のインターホンがある。
駅舎内部はベンチがあり待合室になっている。
ホームは単式1面1線で行き違いは不可、隣の朝陽駅より当駅方面は単線となる。ホーム中ほどには跨線橋のようなものがあるが、これは附属中学校と小学校側の敷地を結ぶ跨線橋で通称「ゆめのかけはし」と呼ばれている。
駅構内には「電車に注意 うしろにさがっておまちください。」と書かれた手書き看板が設置されている。
また駅舎にも「駐車禁止」と書かれた手書き看板が貼られている。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
長野電鉄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください