福光駅

城端線の駅、福光の改札画像です。

駅名標、南砺市の福光地区の中心駅で、旧福光町の玄関口となっている。
国鉄時代からの歴史あるホーロー製の駅名標も残る。
縦型駅名標、近年撤去が進み、手抜きステッカー仕様で代替されつつあるJR西の縦型駅名標であるが、当駅では看板仕様のものが残存している。
東口駅舎、東口は地平駅舎となっており城端線の主要駅の1つである。なお、当駅ー金沢を路線バス「名金線」が結んでいる(交通系iC利用可)。「名金線」の名はかつて名古屋と金沢を結んでいたことに由来する。
駅舎の第1種駅名標
改札口。有人駅であり、みどりの窓口も設置されている。
改札口内部より撮影、改札の脇にはホーロー製の駅名標が掲げられている。
乗車券売り場周辺、自動券売機が1台設置されている。券売機の横の扉は駅舎に入居する旅行会社のもので、仲は事務所になっており、駅業務は旅行会社の社員が行っている。
駅舎内には待合室が設置されている。
待合室内部、比較的多くのベンチが置かれている。
西口駅舎、駅構内を改造して2021年に西口が新設された。
西口駅入口部分、城端方面ホームに隣接して出入り口がある。
西口のホームの入り口部分には集札箱が設置されている。
西口にはホーロー板のついた木造の待合室が現存する。
西口待合室の駅名ホーロー看板、当駅には各ホームにホーロー製の駅名標が設置されている。
待合室に貼られた「城端方面」のホーロー製表示。いつまでも残って欲しいものである。
ホームは相対式2面2線で行違い可能。
2番乗り場にはカー・キャッチャーが置かれている。
カー・キャッチャーの説明書き、車両の逸走を防ぐもののようである。
以前駅の跨線橋だった部分を市道として整備し、自由通路として間改造された為、駅にある跨線橋は自由通路となっている。
東口側の自由通路の様子、ホームと自由通路はつながっておらず、駅舎外からのみ通ることが出来る。
東口自由通路入口、こちらもかつてのホームの一部を転用して通路が作られている。
駅の駐輪場には、客車と蒸気機関車のイラストが描かれている。
客車をモチーフとしたデザインの駐輪場。
駐輪場には「ひかり」「こだま」といった実在する列車のプレートが貼られている
北陸ゆかりの「しらさぎ」と「雷鳥」
こちらも北陸ゆかりの「白鳥」と「加越」
「白山」と「日本海」
近年まで残っていた「北越」と「北陸」
「きたぐに」と「立山」
「能登」と「ひだ」
「つるぎ」と「くずりゅう」
「ゆのくに」と「のりくら」
「加賀」と「越前」
こちらは「はやぶさ」「さくら」と、九州方面夜行のプレートとなっている。
このように、地元北陸ゆかりの列車を中心に様々な列車の名前がつけられている。
駅舎横にはSLの動輪も展示されている。

—————————————
所在地:富山県南砺市
所属路線
城端線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください