福光駅

城端線の駅、福光の改札画像です。

駅名標
国鉄時代からの歴史あるホーロー製の駅名標も残る。
駅舎。南砺市の市街地の1つ、福光地区の玄関口であり城端線の主要駅の1つ。
なお、当駅ー金沢を路線バス「名金線」が結んでいる(交通系iC利用可)。
「名金線」の名はかつて名古屋と金沢を結んでいたことに由来する。
改札口。有人駅であり、みどりの窓口も設置されている。
乗車券売り場周辺
駅舎内は待合室となっている。
待合室内部
ホームは相対式2面2線で行違い可能。
2番乗り場・城端方面ホームにはホーロー板のついた待合室が現存する。
待合室に貼られた「城端方面」のホーロー製表示。いつまでも残って欲しいものである。
当駅の駐輪場は列車を模したデザインであり、郵便車や貨車などが描かれている。
別の駐輪場には、客車と蒸気機関車のイラストが描かれている。
客車をモチーフとしたデザインの駐輪場。
駐輪場には「ひかり」「こだま」といった実在する列車のプレートが貼られている
北陸ゆかりの「しらさぎ」と「雷鳥」
こちらも北陸ゆかりの「白鳥」と「加越」
「白山」と「日本海」
近年まで残っていた「北越」と「北陸」
「きたぐに」と「立山」
「能登」と「ひだ」
「つるぎ」と「くずりゅう」
「ゆのくに」と「のりくら」
「加賀」と「越前」
こちらは「はやぶさ」「さくら」と、九州方面夜行のプレートとなっている。
このように、地元北陸ゆかりの列車を中心に様々な列車の名前がつけられている。
駅舎横にはSLの動輪も展示されている。

—————————————
所在地:富山県南砺市
所属路線
城端線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください