不二越駅

富山地方鉄道不二越線の駅、不二越の改札画像です。

駅名標。栄町駅開業に伴いテープで次駅部分が修正されている。駅名は当駅付近で創業しメイン事業所を置く大手工作機械メーカー「不二越」に由来する。なお、駅名のみならず路線名「不二越線」も同社に由来している。鉄道路線名が企業名に由来するケースは稀である。
駅番号導入前の駅名標。2019年春に栄町駅が開業するまでは稲荷町駅が隣駅であった。
駅全景。駅舎はなく、ホームがあるのみの簡素な構造となっている。
ホームから駅入口方面を望む。道路へスロープが伸びており、ダイレクトにホームに入ることが出来る。
平日7:00〜8:30のみ係員が配置され改札を行うが、それ以外の時間は無人駅となる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
不二越の富山事業所は看板の通り当駅のすぐそばである。同社は長年この地に事業所を置いて操業し世界を相手に商売を行っている、日本海側有数の工業県である富山県を代表するメーカーの1つである。
不二越の富山事業所は当駅ホームから望むことができる。なお手前の駐車場は温浴施設「満天の湯」の駐車場である。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください