電鉄黒部駅

富山地方鉄道本線の駅、電鉄黒部の改札画像です。

駅名標。2019年春に導入された駅番号は従来の駅名標にステッカーを貼り対応している。当駅は地鉄電車における運行拠点駅であり、当駅始発・終着列車が多数存在する。
以前の駅名標
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な駅舎である。当駅周辺は黒部市の中心部にあたる。あいの風鉄道の黒部駅は徒歩15分程度離れている。
改札口。終日有人駅であり、IC専用自動改札機が設置されている。
窓口近辺。主要駅ということもあり、自動券売機も設置されている。
自動券売機の上には手書きの運賃表が掲げられている。
改札口付近に掲げられた「駅長室」のプレートが趣を感じさせる
駅舎内部。旅行パンフレットが多数置かれた旅行窓口があるが、営業しているかどうかは不明である。
駅舎内部。待合室および自動券売機が設置されている。
待合室内部。利用者が比較的多いため列車到着前は列車を待つ乗客の姿がちらほらみられる。取材時は列車発車直後であったため無人であった。
待合室の様子
待合室内にはお忘れ物を記入する黒板が設置されている。現在も使用されているかは不明である。
駅舎からホームへは構内踏切を渡り移動する。
ホームは3面3線。線路とホームが交互に並ぶ変則的な構造となっている。両側にホームがある場合でも扉は片側のみが開くようである。
ホームの宇奈月温泉寄りには屋根が無いが、電鉄富山寄りには屋根がある。
歴史が感じられるホームの屋根は複雑な骨組みとなっている。
当駅は地鉄電車における主要駅であるため駅構内も比較的広くなっている。事業用車両が留置されているほか、車庫と思われる建物もある。
3面3線あるホームのうち改札から一番遠い1面1線は現在使用されておらず通路は行き止まりになっている。
現在使用されていないホームの入り口付近には車両の部品と思われるものが置かれている。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください