茶所駅

名鉄名古屋本線の駅、茶所の改札画像です。

駅名標。当駅ー加納間の駅間距離は0.4kmで、名鉄で最も短い。当駅を含む名鉄岐阜ー岐南間には高架化計画があり、高架化された暁には当駅と加納駅は廃止となり、中間に両者を統合した新駅が開設される予定である。
駅舎。当駅は名古屋方面・岐阜方面で改札が分かれており、改札内でのホームを相互に行き来することはできない。
名古屋方面駅舎。ホームの端に無理矢理作ったような駅舎となっており、非常に手狭で小ぢんまりとしている。
名古屋方面改札。無人駅となっている。
岐阜方面駅舎。名古屋方面同様、手狭で小ぢんまりとした駅舎である。
岐阜方面改札口。こちらも無人改札となっている。
ホームは相対式2面2線となっている。
当駅付近には留置線があり、車両の留置が行われている。
当駅には隣接して車庫があり、車両の留置や検査・清掃等を行っている。しかし当駅始発・終着列車は存在せず、名鉄岐阜始発・終着の列車が当駅まで回送でやってくる。そのため、回送列車を含めた当駅ー名鉄岐阜間の本数は非常に多く、開かずの踏切も多いため前述の高架化計画がある。
当駅構内にはエモい看板は残されていないが、当駅ホームのすぐ横にある民家の外壁には紳士服の古い看板が残っている。
また、当駅ホームの柵には、前述の車庫からの回送列車の乗務員向けと思われる看板がある。

—————————————————
所在地:岐阜県岐阜市
乗入路線
名鉄名古屋本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください