大門駅

山陽本線の駅、大門の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
当駅は広島県の駅で最も東に位置する駅であり、東隣の笠岡駅は岡山県である。
「大門」のつく駅は、東京、愛知、富山、山梨にもあるが、当駅が最も歴史がある。
岡山・福山地区への路線記号導入に伴い、当駅の駅名標もラインカラーに対応した。
大門駅名

○駅舎
赤い瓦屋根が特徴的な、非常に趣溢れる木造駅舎である。
国鉄フォントで書かれた「大門駅」の駅名表示がより趣を引き立たせる。
大門駅舎

○改札口
扉付きの自動改札機が設置されている。みどりの窓口あり。
大門改札

駅舎内は比較的小ぢんまりとしており、待合室となっている。
大門待合

○臨時改札
当駅周辺には高等学校が多数ある。そのため、通学客専用の臨時改札がある。
臨時改札にはIC専用簡易改札機が設置されており、普段はカバーがかけられている。
大門臨時改札

○ホーム
ホームは2面2線となっている。かつては中線があったが、撤去されている。
当駅構内の線路はカーブしており、列車とホームとの間に隙間があるので注意。
大門ホーム

—————————————
所在地:広島県福山市
乗入路線
 山陽本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください