土沢駅

釜石線の駅、土沢の改札画像です。

駅名標。当駅のエスペラント語愛称は「Brila Rivero(光る川)」。光る川のイラストが駅名標に入る。
ホーロー製の縦型駅名標が残っている。
釜石線の前身である岩手軽便鉄道は宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」のモデルとなった路線で、当駅は銀河鉄道の夜の始発駅のモデルになった駅とされている。当駅にはその旨が記された看板が設置されている。
駅舎。釜石線において木造駅舎が現役である数少ない駅の1つである。
現在は無人駅となっており改札口は存在しないが、近年まで有人駅であった。
駅舎内部
駅舎内の待合室。本棚も置かれている
ホーム側の駅舎入口には「ようこそ土沢駅へ」と書かれたステンドグラスがある。ステンドグラスのイラストはエスペラント語の愛称Brila Rivaro(光る川)をモチーフとしていると思われる。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線で行き違い可能。
2番線・花巻方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある
腕木式信号機をモチーフとした日本語・エスペラント語駅名併記の駅名標もある。

—————————————
所在地:岩手県花巻市
乗入路線
釜石線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください