二塚駅

城端線の駅、二塚の改札画像です。

駅名標
駅舎。歴史と風格ある木造駅舎である。
駅舎入口にはホーロー製の駅名標が掲げられている。
改札口。近年までJR貨物委託の有人駅であったが、貨物廃止に伴い無人化した。
廃止直後、埋められる前の窓口跡。
当駅ホームの駅舎脇に置かれたカーキャッチャー。逸走車両を停止する際に使用する。
ホームは2面3線。貨物列車が発着していたため、駅構内は広い。
跨線橋から高岡方面を望む
跨線橋から城端方面を望む
当駅付近には中越パルプ工業二塚工場があり、当駅構内から貨物専用線が伸びていた。
貨物列車の運行が2015年に終了したのに伴い、専用線は2017年4月に廃止となった。
これより、中越パルプ工業貨物専用線の遺構をたどることとする。
画像は、当駅城端方にある踏切で撮影。左の線路が専用線、右が城端線本線である。
同踏切より二塚駅方向、専用線と城端線の合流点を撮影。
輝きがみられる左の城端線本線に対し、右の専用線は線路が錆び付いている。
かつての踏切跡。奥にある赤と白の煙突が中越パルプ工業二塚工場である。
線路には柵がなされており、もう列車が運行されないことを物語っている。
専用線は住宅地のすぐ近くを通っている。
住宅地を通り、二塚駅方面に伸びる専用線。
専用線は途中、比較的交通量の多い幹線道路と交差しており、踏切があった。
この踏切の道路側には信号があり、列車通過時は赤信号となり車を止めていた。
無論、廃線となった現在は車を止める必要がないため、信号は撤去された。
中越パルプ工業二塚工場付近を通る専用線。
専用線と中越パルプ工業二塚工場入口。以前はここで製造した紙を列車で運んでいた。
現在はトラック輸送に切り替えられており、貨物取扱は高岡貨物駅で行われている。

—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
城端線

林駅

城端線の駅、林の改札画像です。

林 駅名標
駅名標

林 駅全景
駅全景。ホームと待合室のみのシンプルな駅である。
林 ホーム
ホーム

林 休憩室内部
待合室内部。座布団が置かれている。
林 駅周辺1
駅周辺。当駅は田んぼの中にある。遠くには新幹線新高岡駅も見える。

—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
城端線

戸出駅

城端線の駅、戸出の改札画像です。

戸出 駅名標
駅名標
戸出 駅舎
駅舎。当駅は同線福野駅と並び、秋田以南の日本海側で最古の駅舎である。
明治30年5月建造で、富山県の建物財産に指定されている。

戸出 改札
改札口。簡易委託窓口があり、きっぷや定期の購入が出来る。
戸出 駅舎内部
駅舎内部、待合スペースとなっており、多くのベンチが設置されている。

戸出 ホーム
対面式の2面2線ホーム。待合室も設置されている。

—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
城端線

油田駅

城端線の駅、油田の改札画像です。

油田 駅名標
駅名標。「ゆでん」と読みたくなるが、「あぶらでん」と読む。
石油王になれそうな駅名であるが、駅周辺で石油はとれない。
油田 駅舎
駅舎。アーチ状の丸い屋根が特徴的な小ぢんまりとした地平駅舎となっている。

油田 改札
駅入り口。改札も券売機もない、無人駅となっている。
油田 ホーム
ホーム。対面にかつてのホーム跡が残る。 現在は1面1線での運用。

—————————————
所在地:富山県砺波市
所属路線
城端線

砺波駅

城端線の駅、砺波の改札画像です。

駅名標
観光列車「べるもんた」駅名標。砺波平野の散居村とチューリップが描かれる。
駅舎。橋上駅舎となっている。
駅舎を西口側から撮影。当駅はチューリップで有名な砺波市の玄関口である。
改札口。有人駅であり、みどりの窓口が設置されている。
駅舎内部。自由通路となっている
ホームは相対式2面2線で行違い可能。上下線の間隔は若干広い。
1番乗り場、高岡方面への車椅子専用出入り口。利用時はインターホンで駅係員を呼ぶ。
当駅にはホームへ通じるエレベーターがないため、バリアフリーに配慮して設置されている。
2番乗り場、城端方面への車椅子専用通路。

—————————————
所在地:富山県砺波市
所属路線
城端線