高岡やぶなみ駅

あいの風とやま鉄道に新たに開業した新駅、高岡やぶなみの改札画像です。

駅名標(海側)。あいの風鉄道の駅名標は海側と山側で色が異なる。
駅名標(山側)。海側が緑なのに対し、山側は青となっている。
上り石動方面側の駅舎。当駅はあいの風鉄道初の新駅として2018年3月17日に開業した。
上り石動方面改札口。無人駅であり、交通系IC専用の簡易改札機が設置されている。
発車標、券売機、簡易改札機と、営業に必要な最低限の設備で運用されている。
下り富山方面側の駅舎。上り・下り双方とも、自由通路兼跨線橋を備えた地平駅舎である。
下り富山方面改札口。設備は発車標、券売機、簡易改札機で、上り側と同じである。
跨線橋兼自由通路。改札外にあり、上下ホームの行き来および駅東西の行き来はこの通路で行う。
自由通路にはエレベーターも設置され、無人駅ながらバリアフリーも考慮されている。
自由通路上り側入口
ホームは相対式2面2線となっている。
ホームから見た駅周辺。新興住宅地となっており、当駅の利用需要があることが見てとれる。

—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
あいの風とやま鉄道

倶利伽羅駅

IRいしかわ鉄道の駅、倶利伽羅の改札画像です。

倶利伽羅 駅名標
駅名標。駅名は源平合戦の激戦地、倶利伽羅峠にちなむ。
当駅は石川県で最も東にあり、隣の石動駅より東は富山県となる。
倶梨伽羅 駅舎
駅舎。駅前の丸ポストが印象的な駅舎である。
倶利伽羅 改札
改札口。ICOCA等のICカードが利用できる。
また無人駅だが、券売機やICカードチャージ機が設置されている。
倶利伽羅 ノート
駅舎内には駅ノートが置かれている。旅の記念にぜひどうぞ。
倶利伽羅 階段
ホーム階段。源平合戦にちなみ、階段には源氏と平氏の家紋が描かれている。

【JR時代】

JR時代の駅名標
JR時代の駅舎
JR時代の改札口
ホーム 
—————————————
所在地:石川県河北郡津幡町
乗入路線
IRいしかわ鉄道
あいの風とやま鉄道

西入善駅

あいの風とやま鉄道の駅、西入善の改札画像です。

※2017年1月再取材

西入善 駅名標山
駅名標(海側)
駅名標(山側)
西入善 駅舎
駅舎
西入善 改札
改札口。当駅は完全な無人駅であり、券売機等もない。
西入善駅名
JR時代の駅名標
西入善駅舎
JR時代の駅舎

—————————————
所在地:富山県下新川郡入善町
所属路線
■ あいの風とやま鉄道   

生地駅

あいの風とやま鉄道の駅、生地の改札画像です。

 ※2017年1月再取材
 
【あいの風とやま鉄道】
 
駅名標(山側)。あいの風鉄道の駅名標は山側と海側で色が異なる。
駅名標(海側)。山側は青なのに対し、海側は緑となっている。
駅舎。国鉄時代から使用されている駅舎である。
改札口。ICカード専用の簡易改札機が設置されている。
当駅が立地する黒部市は湧水が多いことで知られ、当駅前にも湧水がある。

【JR時代】

生地駅名
JR時代の駅名標
生地駅舎
JR時代の駅舎
生地改札
JR時代の改札口
生地ホーム米原
ホーム米原方面
生地ホーム直江
ホーム直江津方面

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
あいの風とやま鉄道

東滑川駅

あいの風とやま鉄道の駅、東滑川の改札画像です。

※2017年1月再取材

【あいの風とやま鉄道】

駅名標(山側)。あいの風鉄道の駅名標は山側と海側で色が異なる。
駅名標(海側)。山側が青なのに対し、海側は緑となっている。
駅舎。小ぢんまりとした駅舎である。
駅舎内部。券売機のない無人駅であり、ICタッチ機のみが駅舎内にある。
対面式のホームとなっている。
駅舎から富山方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
【JR時代】
 
東滑川 駅名標
JR時代の駅名標
東滑川 駅舎
JR時代の駅舎
東滑川 駅舎内部
JR時代の駅舎内部
東滑川 ホーム
JR時代のホーム

—————————————
所在地:富山県滑川市
乗入路線
あいの風とやま鉄道