新桐生駅

東武桐生線の駅、新桐生の改札画像です。

駅名標。当駅は東武線における桐生市の玄関口であり、赤城発着の特急りょうもう号の全列車が停車する。なお、りょうもう号は当駅、相老、赤城と3駅連続停車となる。
駅舎。風見鶏と時計塔が特徴的な西洋風デザインの駅舎である。JR桐生駅と並び、桐生市の玄関口としての役割を担っている。なお、JR桐生駅とは約2.5kmほど離れており、市営バス等で連絡可能。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている有人駅である。当駅の利用者数は東武桐生線の中間駅としては最多であるが、JR桐生駅と比較すると1/4程度にとどまる。
きっぷ売り場周辺。自動券売機があるほか、窓口で乗車券・特急券・定期券等の購入も可能である。
駅舎天井には十二支の文字盤があるほか、ステンドグラスが設けられている。
駅舎内には待合室が設けられている。
待合室内部の様子。広々とした待合室となっている。
待合室内には桐生地域の特産品が紹介されているコーナーがあるほか、売店も営業している。
ホームは相対式2面2線となっており行き違いが可能である。ホームはカーブしており、列車とホームの間が広く開くため乗降時は注意したい。
ホーム上には木が植えられている部分が存在する。

————————————————–
所在地:群馬県桐生市
乗入路線
東武桐生線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください