長井駅

フラワー長井線の駅、長井の改札画像です。

駅名標。当駅は長井市の中心部に位置し、山形鉄道の本社および工務区がある拠点駅である。しかしながら、当駅を始発・終着とする列車はなく全ての列車が赤湯ー荒砥間を結んでいる。
駅舎。画像の昭和初期に建設された木造駅舎は2019年夏に解体済み。「開業当時からの面影を残すかわいらしい駅舎」として、東北の駅百選に選定されていた。現在は2021年度の完成を目指し、当駅駅舎と長井市庁舎が合築となる複合施設の建設工事を行なっている。
ホーム入口。山形鉄道の主要駅でありながら改札口はなく、運賃収受は車内にて行うため自由にホームに入ることができる。ホームへの扉は自動ドアとなっている。
ホーム入口付近に掲げられた名所案内表記には趣が感じられる
駅舎内には待合スペースがあったほか、「ど田舎停車場の会」によりそば屋や特産品売り場の営業が行われていた。現在は駅舎改築工事に伴い、駅付近の別の場所に移転しているようである。
駅舎内には山形鉄道旅行センターがあり、JR線の乗車券・指定券の販売も行っていた。
旅行センター前には鉄道むすめ「鮎貝りんご」のパネルも置かれていた
ホームは島式1面2線で行き違い可能。
駅舎からホームへは構内踏切で連絡していた。
構内踏切は駅舎のない西口側へも繋がっており、西口からの駅利用も可能であった
ホームの屋根は歴史と趣が感じられる造りであった

—————————————
所在地:山形県長井市
乗入路線
フラワー長井線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください