向ヶ丘遊園駅

小田急線の駅、向ヶ丘遊園の改札画像です。

駅名標。通称「ゆうえん」。駅名はかつて当駅周辺にあった小田急系列の遊園地「向ヶ丘遊園」に由来する。向ヶ丘遊園は2002年に閉園しており、現在は駅名だけが残る。駅名の元となった施設が撤退後に駅名だけが残った例としては、東横線都立大学駅が他に挙げられる。
北口駅舎。ギャンブレル屋根の洋風デザインが特徴的な1927年の小田急線開業当時から残る駅舎である。なお小田急線で開業当時からの駅舎が残るのは当駅のみである。今後小田急は、北口駅舎を解体せずに外装を一新するリニューアル工事を行う予定である。
北口改札
南口駅舎。ナチュラル・レトロモダンをコンセプトに、リニューアルに伴い北口駅舎に似たマンサード屋根が新たに取り付けられた。
南口駅舎内天井。改札口上部には御堂筋線ホームのシャンデリアのような、ライトを使用したシャンデリアが設けられた。
駅舎外側にはレトロ調のライトが取り付けられた。開業当時からの駅舎では無いものの、趣が感じられる駅舎に仕上がっている。
南口改札
南口改札内コンコース。証明のデザインが独特になっている。
当駅の跨線橋は古いレールを使用した歴史ある跨線橋となっており…
内装もリニューアルに伴いレトロ調照明が取り付けられ歴史を感じさせる雰囲気となった
ホームは2面4線。千代田線直通列車を中心に、一部列車が当駅を始発・終着とする。
当駅ホームから新宿方を望む。代々木上原ー登戸間の複々線・立体交差区間が終了し、当駅付近で地上に降り代々木八幡駅付近以来の踏切を渡る。登戸ー当駅間も複々線化計画があるが、暫定的に上り線2線、下り線1線の3線区間となっている。
当駅から新百合ケ丘方面を望む。当駅から新百合ケ丘・町田方面は複線区間となる。

—————————————
所在地:川崎市多摩区
乗入路線
 小田急小田原線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください