甲浦駅

阿佐海岸鉄道の駅、甲浦の改札画像です。

駅名標。当駅は阿佐海岸鉄道で唯一高知県にある駅であり、終着駅でもある。
高知県にある駅としては当駅が最東端であり、駅名標にもその旨が記されている
また高知県にある他の駅とは一切接続していない、飛び地状態の駅となっている。
駅舎。時計台のある特徴的な駅舎であるが、ホームには駅舎を通らず入ることができる。
阿佐海岸鉄道では2020年にDMVを導入予定で、現在それに伴う工事が行われている。
DMVは当駅で高架線から一般道路へと降り、室戸岬方面へと走る計画となっている。
当駅には高架橋から道路へ降りるスロープが付く予定で、現在工事が行われている。
駅舎は現在入ることができないため、仮駅舎が整備されている。
仮駅舎内部は待合スペース、レンタサイクル屋、売店が入居している。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっている。
当駅には1時間に1本程度汽車がやってくる。DMV導入後は全列車がDMVでの運行となる。
そのため、阿佐海岸鉄道での気動車による運行はもうじき見納めとなる。
線路は当駅で終点である。本来は当駅より先、室戸岬を経由し高知に至る計画であった。
計画区間の一部である奈半利ー後免間は土佐くろしお鉄道が運行しているが、
奈半利ー当駅間は建設計画が具体化しないまま今日に至っている。
DMV導入により、本来の計画であった室戸方面への延伸が実現することとなる。
ホーム上にも待合スペースがある

—————————————
所在地:高知県安芸郡東洋町
乗入路線
阿佐海岸鉄道阿佐東線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください