恋山形駅

智頭急行の駅、恋山形の改札画像です。 

駅名標。当駅は駅名に「恋」が入ることから、駅名標がハート形となっている。
駅名の由来は、駅周辺の山形地区に「来い」山形という願いをもじって恋山形となった。
なお、駅名に「恋」のつく駅は当駅を含め全国に4駅のみであり、大変珍しい。
駅周辺の名所案内。他駅と違い色褪せておらず、支柱もピンク色となっている。
駅全景。駅名に恋がつくことにちなみ、全体的にピンク色に塗装されている。
現在は恋人の聖地として半ば観光地化しており、ツーリング客やカップルの姿もみられる。
ホームは相対式2面2線であり交換可能。特急列車は当駅には止まらない。
列車を利用し当駅を訪れる場合、各駅停車に乗る必要がある。
山間にたたずむピンク色の駅はインパクト抜群である。
構内踏切が設けられている。
ホーム上の待合スペース。ベンチや柱もしっかりピンク色にペイントされている。
なお、智頭急の鉄道むすめである「宮本えりお」嬢もしれっとプリントされている。
ホーム上には、恋人の聖地名物である「鐘」と、絵馬を掛けるスペースがある。
なお、当駅は無人駅であるため絵馬の購入はできない。絵馬は隣の智頭駅で販売している。
駅前には、丸ポストをデフォルメしたピンク色の「恋ポスト」が設置されている。
駅のみならず、駅横のコンクリート壁にもハートが描かれている。

—————————————
所在地:鳥取県八頭郡智頭町
乗入路線
智頭急行

山郷駅

智頭急行の駅、山郷の改札画像です。 

駅名標。当駅は智頭急の駅では鳥取県最南端であり、隣のあわくら温泉駅は岡山県である。
当駅周辺の名所案内
駅入口。駅舎はなく、直接ホームへと入る形である。
駅入口からホームに下りた場所には待合スペースがある。
ホームは単式1面1線で行き違い不可。
当駅周辺は堀割構造となっているため、ホームは駅入口より低い位置にある。

—————————————
所在地:鳥取県八頭郡智頭町
乗入路線
智頭急行

岩美駅

山陰本線の駅、岩美の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。赤い屋根が特徴的な趣ある木造駅舎である。
改札口。窓口はあるがみどりの窓口はない。
駅舎内部。待合室がある。
ホームは2面3線あり、行き違いが可能である。

—————————————
所在地:鳥取県岩美郡岩美町
乗入路線
山陰本線

御来屋駅

山陰本線の駅、御来屋の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。山陰最古の駅舎となっており、鳥取県の有形文化財に指定されている。
駅舎内部。無人駅であり改札口は存在しない。自動券売機が設置されている。
駅舎内には、駅開業当時の運賃表が当時のまま残されている。
駅舎内は待合室となっている。
「山陰最古の駅舎」と書かれた看板が改札内の駅出入口上に掲げられている。
ホームは2面3線となっており、行き違いや通過待ちが可能である。
2番・3番のりばのホーム上には、車掌車を改造した待合室がある。
待合室内部。ベンチには座布団が敷かれている。

—————————————
所在地:鳥取県西伯郡大山町
乗入路線
山陰本線

後藤駅

境線の駅、後藤の改札画像です。

駅名標。境線のラインカラーは「青」のため、ラインカラー導入後もデザインは変わらない。
境線オリジナルの妖怪駅名標。当駅は「どろたぼう駅」である。
駅舎。西口側にあり、青い瓦屋根が特徴的な駅舎である。
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する。
東口側には駅舎はないが、勝手口が設けられている。
東口側へも、ホームから構内踏切を渡る必要がある。
自動券売機はホーム待合室上に置かれている。
ホームは島式1面2線であり、行き違いが可能である。
当駅には隣接して後藤総合車両所があり、駅構内は広くなっている。
境線本線のほか、後藤総合車両所構内の線路が駅横を通る。
当駅から見た後藤総合車両所。主に山陰本線向けの車両が所属する。
特急「やくも」やサンライズ瀬戸・出雲の車両もここの所属である。
ここでは主に列車の整備・点検・改造を行っている。
なお、後藤総合車両所への入出区があるため、境線は当駅ー米子間のみ電化されている。

—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
■ 境線