来待駅

山陰本線の駅、来待の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。ステンドグラスがあるログハウス風のお洒落な駅舎である。
駅舎内部。無人駅であり改札口はない。IC専用簡易改札機と自動券売機がある。
駅舎内は待合室となっている。
駅裏から跨線橋に通じる通路があり、跨線橋上にもIC専用簡易改札機が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっている。なお、当駅ー玉造温泉間は複線区間である。
ここ来待は、出雲石灯ろうや建材に使用される「来待石」の原産地として知られる。
駅舎前には来待石で作られたたぬきが鎮座している。
ホーム上にも「来待石の原産地」と彫られた石が置かれている。
ホーム上には来待石で作られた石灯ろうも置かれている。

—————————————
所在地:島根県松江市
乗入路線
山陰本線

宍道駅

山陰本線と木次線の駅、宍道の改札画像です。

山陰線駅名標。ラインカラー対応となっている。
木次線駅名標。木次線は当駅が起点駅である。
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な駅舎は、当駅が「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の立ち寄り駅になったことに伴い、2017年春にリニューアルされたものである。
改札口。ICOCAが導入されており、IC専用簡易改札機が設置されている。
また、「瑞風」のロゴが貼られた扉があるが、これは「瑞風」利用者専用出入口となっている。
駅舎内は待合室となっている。
通常の改札口のほか、南口側にある駐車場利用者向けの改札口がある。
当改札は、駅南口の駐車場を月極・時間貸しで利用している乗客のみ利用できる。
ホームは2面3線となっており、うち2線を山陰線が、1線を木次線が使用する。
木次線は、当駅のホームの途中で山陰線より分岐する。

—————————————
所在地:島根県松江市
乗入路線
山陰本線
木次線

荘原駅

山陰本線の駅、荘原の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。瓦屋根が特徴的な木造駅舎である。
改札口。無人駅となっている。IC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
出場側
駅舎内は待合室となっている。
ホームは相対式2面2線であり、列車の行き違いが可能である。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線

直江駅

山陰本線の駅、直江の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。跨線橋を改造した橋上駅舎となっている。
旧駅舎。閉鎖されているが、使用されていた当時のまま残されている。
改札口。無人駅となっている。IC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
ホームは2面3線となっている。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線

西出雲駅

山陰本線の駅、西出雲の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。右側の跨線橋が駅舎であり、左側の建物は待合室である。
待合室内部。ガラス張りとなっており、ベンチや自販機が置かれている。
駅舎内部。橋上駅舎となっており、自動券売機が設置されている。
ホーム上にも待合室がある。
ホームは島式1面2線となっており、行き違いが可能である。
なお、山陰本線は伯備線の延長で、伯耆大山ー当駅間が直流電化されている。
そのため、電車を使用した列車は当駅より西には乗り入れることができない。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
山陰本線