二本木駅

珍しいスイッチバック式の駅、二本木の改札画像です。

【JR時代】
※2015年2月取材

○駅名標
二本木駅名jr

○トキ鉄仕様駅名標
二本木トキ鉄駅名1

二本木トキ鉄駅名

○駅舎
二本木駅舎

○改札口・駅舎内部
二本木改札

○ホーム
二本木ホーム

○線路終端部
二本木線路終端

○直江津・長野方面の線路
二本木長野方面

—————————————
所在地:新潟県上越市
所属路線
■ 妙高はねうまライン

関山駅

トキ鉄妙高はねうまラインの駅、関山の改札画像です。

【JR時代】
※2015年2月取材

○駅名標
関山駅名

○駅舎
関山駅舎

○改札口・駅舎内部
関山改札

関山駅舎内部

○ホーム
関山ホーム

○跨線橋内が待合室になっている。
関山跨線橋

—————————————
所在地:新潟県妙高市
所属路線
■ 妙高はねうまライン

妙高高原駅

スキー・スノボのメッカ、妙高高原の改札画像です。

【現在】
○駅名標
妙高高原 駅名標

【JR時代】
※2015年2月取材

○駅名標
妙高高原駅名

○駅舎
妙高高原駅舎

○改札口・駅舎内部
妙高高原改札

妙高高原きっぷ

○ホーム
2番線にしなの鉄道の車両が試運転で停車している。
妙高高原ホーム

妙高高原

○3/13で廃止された「妙高号」。
奥には試運転中のしな鉄車両が停車中だ。
妙高高原妙高

—————————————
所在地:新潟県妙高市
所属路線
妙高はねうまライン
北しなの線

有間川駅

日本海ひすいラインの駅、有間川の改札画像です。

【JR時代】
※2015年2月取材

○駅名標
有間川駅名

○駅舎
有間川駅舎

○駅舎内部
有間川駅舎内部

有間川駅舎内部2

○ホーム
有間川ホーム

有間川ホーム2

○ホームからみた駅舎
背後に日本海が見える高台にある古い駅舎は大変趣深い。
JRマークが隠されただけの駅名標も確認できる。
有間川駅舎ホーム

—————————————
所在地:新潟県上越市
所属路線
■ 日本海ひすいライン

美佐島駅

トンネルの中にある北越急行ほくほく線の駅、美佐島の改札画像です。

○駅名標
当駅はトンネル内にあるいわゆるモグラ駅である。
美佐島駅名

駅舎入口には、片岡鶴太郎氏によって書かれた駅名標が設置されている。
美佐島駅名標

○駅舎
周囲を山に囲まれた場所に民家のような小さな駅舎がある。
美佐島駅舎

○駅舎内部
大きな凧が目立つ駅舎内部。奥には畳の待合室もある。
美佐島駅舎内部

畳の待合室には暖房や座布団があり、冬でも快適に過ごせそうだ。
美佐島待合室

待合室には駅ノートも置いてある。
訪問した際は、記念に何か書いていくのもいいかもしれない。
美佐島駅ノート

○ホーム
駅舎内にある、ホームへ続く階段の様子。地下のトンネル内にホームがあるので、
この長い階段を下りないとホームにはたどり着けない。
美佐島駅入り口

北陸新幹線開業以前、特急はくたかが時速160km/hで当駅を通過していた。
そのため、ホーム入口には風圧を防ぐための頑丈な金属製の扉が設置されている。
なおこの扉は、当駅に停車する列車がホームに到着するまで開かない。
美佐島駅ホーム入口

当駅に停車する列車が到着する前後のみ、ホームに出ることができる。
なお、当駅のホームは監視カメラで常時監視されており、
列車発車後もホームにとどまると退去するよう放送が流れるとのことである。
美佐島電車

ホームは単式1面1線。
単線のトンネルを猛スピードで特急が通っていたのだから、
風圧がどれほど危険なのかは容易に想像できる。
美佐島ホーム

○駅周辺
駅前には県道が通っているのみで、周囲に集落はない。
美佐島駅前

残念ながら、当駅を猛スピードで通過する特急はくたかは、
北陸新幹線開業に伴い惜しまれつつ廃止された。

しかし、特急がなくなっても決して美佐島駅の魅力がなくなったわけではない。
ぜひ、ほくほく線の普通電車に乗って美佐島駅を訪れてみてはいかがだろうか。

————————————————–
所在地:新潟県十日町市
乗入路線
ほくほく線