金沢駅

加賀百万石の城下町、金沢の改札画像です。

新幹線駅名標。北陸新幹線は現在当駅が終点であるが、現在敦賀駅への延伸に向け工事が進められている。敦賀への延伸開業は2022年度末を予定している。
在来線駅名標。在来線は、当駅以東(富山・七尾方面)がIRいしかわ鉄道、当駅以西(福井方面)がJR北陸本線であり、駅名標にはJR・IR双方のロゴが入っている。当駅はJR北陸本線の終点であり、北陸新幹線の敦賀延伸後は、当駅以西区間もIRいしかわ鉄道に移管される予定となっている。
東口駅舎。金沢駅のシンボル「鼓門」がそびえるのは東口側である。豪華絢爛な鼓門は、加賀百万石の大都市の玄関口に相応しい風格を感じさせる。
西口駅舎。鼓門がある東口が、豪華絢爛な雰囲気を漂わせるのに対し、西口側は落ち着いた雰囲気を感じさせる。
在来線改札口。2017年春にICOCAが導入され、金沢市民待望の自動改札機が導入された。石川県内へのICOCA導入はJR西日本管内の2府16県では福井県に次ぎ2番目に遅かった。
改札口は4通路ずつ、分かれて設置されているが、入場側と出場側で分けられているわけではないようである。
ICOCA等の交通系ICは、JR線では、福井・京都・大阪方面への通し利用が可能となっている。IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道線では、新高岡駅・越中宮崎駅までの各駅で利用可能である。津幡から分岐する七尾線では現在使用できないが、今後使用できるようになる予定である。
有人改札時代の在来線改札口。以前は、駅員さんが切符にハンコを押すスタイルであった。当時は、入場側と出場側で改札口が分かれていた。
在来線あんと改札口。駅ビル「あんと」に通じる改札口で、IC専用簡易改札機が設置されている。
新幹線改札口。自動改札機は5通路設置されている。発車標は富山駅や山陽新幹線と同じフルカラータイプが設置されている。
新幹線乗り換え改札口。中2階に設置され、在来線乗り継ぎの利便性が図られている。サンダーバード・しらさぎと新幹線の乗り継ぎ客が多いためか、改札機の台数も多くなっている。

—————————————
所在地:石川県金沢市
所属路線
北陸新幹線
北陸本線
IRいしかわ鉄道線
七尾線)

新西金沢駅

北陸鉄道石川線の駅、新金沢の改札画像です。

駅名標、北陸鉄道石川線の駅名は「しんにしかなざわ」。駅名が違い少々言いづらいが、西金沢駅から徒歩すぐの場所にある。また石川線唯一の他社線との乗り換え駅である。
駅舎。隣接する西金沢駅に比べて、こじんまりとした駅舎である。
改札口。時間帯によって有人・無人の時間がある。

—————————————
所在地:石川県金沢市
乗入路線
石川線

額住宅前駅

北陸鉄道石川線の駅、額住宅前の改札画像です。

駅名標。駅名の額住宅とは県営住宅のことである。
駅舎、当駅は北陸鉄道の中でも数少ない駅舎がある駅である。
改札口周辺、当駅はかつて有人駅であったが近年無人化された。そのため窓口跡が残る。
駅舎内はベンチが設置されており、待合室になっている。
ホームは島式1面2線のホームで、ほとんどの列車が当駅で行き違いを行う。
ホームにも待合用のベンチが設置されている。
ホーム近景、奥に見える建物が県営住宅である。
駅舎からホームへは構内踏切を渡ってアクセスする。

—————————————
所在地:石川県金沢市
乗入路線
石川線

小舞子駅

北陸本線の駅、小舞子の改札画像です。

駅名標
以前の駅名標。隣の能美根上駅は2015年3月14日まで寺井駅という駅名であった。
東口駅舎
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機設置。
駅舎内部。ICチャージ対応の自動券売機が設置されている。
駅舎内は待合室となっている。
西口側にも出入口がある。西口からは金沢方面ホームにダイレクトに入ることができる
西口側も無人となっており、IC専用簡易改札機がホーム上に設置されている。
東口駅舎からホームへは短い連絡通路で結ばれる
ホームは相対式2面2線
当駅は北陸本線(現行の米原ー金沢)では最も海に近い場所にあり、小舞子海岸は当駅が最寄りである。なお当駅は海に近いとはいえ、より海側を北陸自動車道が通っているため当駅付近の車窓から海を望むことは不可能である。

—————————————
所在地:石川県白山市
乗入路線
北陸本線

大聖寺駅

北陸本線の駅、大聖寺の改札画像です。

駅名標。当駅は石川県最南端の駅であり、隣の牛ノ谷駅は福井県となる。
駅舎
大聖寺改札
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。2018年9月の福井県内への交通系IC導入に伴い、福井・石川県内の北陸本線各駅から近畿圏への交通系ICでの通し利用が可能となったが、IR・あいの風線内各駅及び新高岡駅からの交通系IC利用は当駅までであり、金沢以東から福井・近畿圏方面への交通系IC利用は不可能である。

かつては多くの特急が停車していたため長いホームを有する。現在は、おはようエクスプレス、おやすみエクスプレス、一部のしらさぎ号のみ停車する。
ホーム内にはなぜか小ぢんまりとした庭がある。
駅の中待合室には、「JR大聖寺駅ブックス」と名付けられた小さな図書館があり、列車待ち時間の暇つぶしにはうってつけである。
当駅は石川県加賀市役所の最寄駅であり、市街地に位置する。 多くの特急列車が停車する隣の加賀温泉駅と並び、加賀市の玄関口として機能している。

—————————————
所在地:石川県加賀市
乗入路線
北陸本線