結城駅

水戸線の駅、結城の改札画像です。

○駅名標
結城駅名

○駅舎
結城駅舎

○改札口
当駅は水戸線の中間駅としては数少ない自動改札機導入駅である。
自動改札機は当駅のほか、下館駅北口、笠間駅に導入されている。
結城駅

結城改札

○栃木志向の強い結城
結城は茨城であるが、茨城の県庁所在地である水戸までの普通運賃が1140円なのに対し、
栃木の宇都宮は670円、埼玉の大宮は970円と、地理的に水戸より宇都宮や大宮が近い。
そのため、結城は水戸など常磐線沿線より、小山など宇都宮線沿線との繋がりが深い。
結城運賃表

—————————————
所在地:茨城県結城市
乗入路線
水戸線

下館駅

水戸線、常総線、真岡鉄道の駅、下館の改札画像です。

○駅名標
水戸線
下館jr駅名

常総線
関東鉄道常総線は、当駅が終着駅となっている。
下館駅名

真岡鉄道線
SLが運行されることで知られる真岡鐵道は、当駅が始発駅である。
当駅の隣駅は「下館二高前」であるが、駅名標では下館が省略されている。
下館真岡駅名

○駅舎
北口駅舎はJR管理となっており、特徴的なデザインの趣ある地平駅舎を有する。
下館駅舎

南口駅舎は関東鉄道が管理する。
下館南駅舎

○北口改札
当駅の北口改札は、水戸線の中間駅としては数少ない自動改札設置改札である。
水戸線では、当駅北口改札のほか、結城駅、笠間駅に自動改札が設置されている。
下館北改札

○南口改札
南口側は関東鉄道が管理しており、自動改札は設置されていない。
下館南口

下館南口改札

○常総線中間改札
常総線ホーム入り口に、常総線利用者用の中間改札が設けられている。
常総線ホームに入るには、この改札を通る必要がある。
下館常総線改札

○真岡鐵道線中間改札
真岡鉄道線のホーム(1番線)は、切り欠き式ホームとなっている。
下館真岡

ホーム入り口には、精算所とICカード用の簡易改札機が設けられている。
精算所では乗車券販売や精算業務を行っているが、常時営業しているわけではない。
真岡鉄道線ではSuica・PASMO等のICカードは利用できないため、
水戸線・常総線から真岡鐵道線に乗り継ぐ乗客はこの改札にタッチする必要がある。
下館真岡中間改札

また、SL運行時は真岡鐵道のホーム上で、乗車整理券の販売も行われる模様。
下館真岡ホーム

—————————————
所在地:茨城県筑西市
乗入路線
水戸線
常総線
真岡鉄道

下妻駅

関東鉄道常総線の駅、下妻の改札画像です。

○駅名標

○駅舎
当駅は「下妻物語」の舞台として知られる下妻市の中心駅である。
下妻駅舎

○改札口
当駅は常総線水海道ー下館間の中間駅では数少ない有人駅である。
PASMO・Suica等のICカード専用の簡易改札機が設置されている。
下妻改札

—————————————
所在地:茨城県下妻市
乗入路線
常総線

石下駅

関東鉄道常総線の駅、石下の改札画像です。

○駅名標
石下駅名

○駅舎
石下駅舎

○改札口
常総線の水海道ー下館間の中間駅としては数少ない有人駅であるが、
昼間時間帯(10:00〜16:00)は無人となる。
石下改札

—————————————
所在地:茨城県常総市
乗入路線
常総線

水海道駅

関東鉄道常総線の駅、水海道の改札画像です。

○駅名標
水海道駅名(古)

水海道駅名(新)


水海道駅名

○駅舎
小ぢんまりとした駅舎を有する。2015年9月の鬼怒川氾濫時、当駅も浸水被害を受けた。
水海道駅舎

○改札口
常総線では、取手ー当駅間の各駅に扉付きの自動改札機が設置されている。
当駅より北、北水海道ー下館間の各駅には、自動改札機は設置されていない。
水海道改札

水海道 改札

○ホーム
当駅は常総線における運行上の要所となっており、当駅折り返し列車が多数ある。
また、取手ー当駅間は複線だが、当駅ー下館間は単線となる。
水海道ホーム

守谷・取手方面行きホームへは、構内踏切を渡る必要がある。
水海道構内踏切

—————————————
所在地:茨城県常総市
乗入路線
常総線