赤城駅

東武桐生線と上毛線の駅、赤城の改札画像です。

上毛電鉄駅名標。当駅は東武桐生線との接続駅である。
上毛線ホーム上には朝日新聞の広告入りの縦型駅名標も設置されている。
東武桐生線駅名標。当駅は東武桐生線の終着駅であり、上毛電鉄との接続駅でもある。
駅舎。丸い屋根が特徴的な、桃色の外観をした比較的新しい駅舎となっている
改札口。当駅は上毛線と東武線の共同使用駅となっており、駅は上毛電鉄が管理している。改札口にはIC専用簡易改札機が設置されているが、PASMO等の交通系ICでは東武線でのみ使用でき、上毛線では使用不可である。
券売機周辺。上毛線・東武線の券売機がそれぞれ設置されているほか、窓口で東武線の乗車券・特急券等の購入が可能となっている。
駅舎内部の様子。ガラスが多用された駅舎であるため、自然光が入り明るい空間となっている。
駅舎内部には売店も営業している。
駅舎内部にある待合室の様子
駅舎からホームは構内踏切を渡って移動する。
上毛線ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている。
上毛線ホーム出入口にはIC専用簡易改札機が設置されている。東武線にICカードで乗車し、上毛線と乗り継ぐ場合はこの改札機に必ずタッチしなければならない。
上毛線ホーム上には、上毛線の鉄道むすめ「北原ゆうき」と群馬県キャラクター「ぐんまちゃん」が描かれたかわいらしい自販機が設置されている。
東武線ホームは島式1面2線となっている。
先述の通り、東武桐生線は当駅が終点であるため、線路は当駅で行き止まりとなっている。
東武線ホーム上には、次発の列車がどちらから出るかを示す行灯式の表示板がある。古くから使用されているものと思われるもじ鉄案件である。
東武線ホーム(手前側)と上毛線ホーム(奥側)は並んで設置されているが、東武線ホームの方がホーム長が長いことがわかる。これは、浅草からの特急りょうもう号が当駅まで乗り入れることによる。

————————————————–
所在地:群馬県みどり市
乗入路線
東武桐生線
 上毛電鉄上毛線

西桐生駅

上毛線の駅、西桐生の改札画像です。

駅舎。マンサード屋根を有する開業当時からの洋風建築の駅舎である。
関東の駅百選に選ばれているほか、国の登録有形文化財に指定されている。
改札口。交通系ICは利用不可で、有人改札となっている。
窓口・乗車券売り場。最近見る機会が減った古いタイプの券売機が設置されている。
窓口では、乗車券のほか上毛電鉄グッズの販売も行っている。
待合スペース。広々とした空間となっている。
上毛電鉄の鉄道むすめ「北原ゆうき」と、群馬県のキャラクター「ぐんまちゃん」が
プリントされた自動販売機が一台ずつ設置されている。
早朝および夜間は駅員が不在となるため、駅舎外に直接出ることのできる出入口がある。

————————————————–
所在地:群馬県桐生市
乗入路線
 上毛電鉄上毛線

津久田駅

上越線の駅、津久田の改札画像です。

駅名標
駅舎。ホーム上に待合室があるのみである。
駅入口にIC専用簡易改札機が設置されている。利用者が少ないためか、自動券売機は未設置。
ホームは相対式2面2線。上下線ホームは屋根のない跨線橋で結ばれる。
跨線橋から俯瞰したホームの様子。敷島駅と比べてもかなり山がちである。

————————————————–
所在地:群馬県渋川市
乗入路線
上越線

敷島駅

上越線の駅、敷島の改札画像です。

駅名標。JR東日本のクルーズトレイン「四季島」と同じ読みであるが漢字が異なる。
なお、四季島は上越線が通過ルートとなっており、当駅でも通過する姿を見ることができる。
自立式駅名標。当駅の標高は233.91mであり、上越国境に向け標高が上がっている。
駅舎。近年建て替えられた新しい駅舎である。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面3線。中線は撤去されていないが不使用である。
また、駅周辺が若干山がちになってきていることがわかる。

————————————————–
所在地:群馬県渋川市
乗入路線
上越線

八木原駅

上越線の駅、八木原の改札画像です。

駅名標。当駅の標高は162.94mである。
当駅には上越線のほか、隣の渋川から分岐する吾妻線も乗り入れる。
駅舎。緑色の瓦屋根が特徴的な木造駅舎である。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面2線である。かつてあった中線は撤去され架線も張られていない。
上り新前橋・高崎方面ホームの中線跡側には柵が設けられている。

————————————————–
所在地:群馬県渋川市
乗入路線
上越線
( 吾妻線)