顔戸駅

名鉄広見線の駅、顔戸の改札画像です。

○駅名標
「顔戸」と書いて「ごうど」と読む初見殺し駅名。
顔戸駅名

○駅舎
駅舎はなく、ホーム上に待合室があるのみである。自動券売機は設置されている。
顔戸駅舎

待合室内は、ベンチがあるのみである。
顔戸待合室

○改札口
当駅を含む広見線末端(新可児〜御嵩間)の各駅は、manaca導入対象外エリアである。
そのため、自動改札機やIC専用簡易改札機は設置されておらず、改札口は存在しない。
ホームには駅の敷地外からそのまま入ることができる。
顔戸駅入口
また、ホーム新可児寄りには勝手口もある。
顔戸勝手口

○ホーム
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、行き違いは不可能である。
顔戸ホーム可児方

顔戸ホーム御嵩方

当駅を含む広見線末端区間は、存廃問題が取りざたされている。
そのため、当駅付近には、広見線の存続を願うのぼりが立てられている。
のぼりは立てられてから相当年月が経過しているのか、色あせている。
広見線が廃止となり、広見線の記憶がのぼり同様色褪せないことを願うばかりである。
顔戸乗って残そう

————————————————–
所在地:岐阜県可児郡御嵩町      
乗入路線
名鉄広見線
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください