戸倉駅

しなの鉄道の駅、戸倉の改札画像です。

駅名標。当駅は長野屈指の温泉街・戸倉上山田温泉への玄関口である。
また車両基地・留置線があり、しなの鉄道の運行拠点の1つとなっている。
跨線橋には国鉄時代からの歴史ある駅名標が残る。
駅舎
改札口。有人駅であり乗車券の購入が可能。
かつて改札ラッチが置かれていた場所には地元の特産品が並ぶ。
これら特産品は改札口でお金を払うことで購入が可能。
前回訪問時の改札口。特産品販売スペースは設けられていなかった
乗車券売り場周辺
駅舎内には待合室がある
待合室内部。カフェ・そば屋が入居している。
ホームは2面3線。一部列車は当駅を始発・終着とする。
ホームの様子
貴重な国鉄型115系の「走る鉄道博物館」となっているしなの鉄道。
しなの鉄道ではさまざまなカラーの115系が走っている。
そば屋はホーム側にも注文口・ベンチがあり、改札内で食べることも可能。
改札内にはプロバスケチームの顔ハメパネルがある。
ここ戸倉はろくもんの停車駅であるため記念撮影スペースが設けられている

当駅は戸倉上山田温泉の最寄駅であるが、温泉街までは2.5km離れている。
温泉街へのアクセスは、駅からは旅館の送迎バスを利用すると便利。
—————————————
所在地:長野県千曲市
所属路線
しなの鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください