十二兼駅

中央西線の駅、十二兼の改札画像です。

駅名標
駅入口、駅舎へは階段を上る必要がある
駅舎、縦長の駅舎となっている
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない
駅舎内部は待合室となっている
ホームは相対式2面2線であり、列車の行き違いが可能である。中央西線では倉本ー当駅間が単線区間、当駅ー名古屋間が複線区間であり、当駅が境界駅にあたる

—————————————
所在地:長野県木曽郡南木曽町
乗入路線
 中央本線(中央西線)

阿田和駅

紀勢本線の駅、阿田和の改札画像です。

駅名標
駅舎、開業当時からの木造駅舎が使用されている
当駅の1種駅名標は右書きとなっており、当駅の長い歴史が垣間見える
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない
駅舎ホーム側には集札箱が置かれている
かつての窓口跡はシャッターで封鎖されている
シャッターにはイラストが描かれている
駅舎内部は待合スペースとなっている
かつては便所が駅舎に併設されていたが、現在は封鎖されている
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎からホームへは構内踏切にて移動する
構内踏切の様子
ホームは島式1面2線であり列車の行き違いが可能である
ホームの一部には上屋がかけられている
ホーム上屋の下にもベンチが置かれており待合スペースとして利用できる
当駅構内には側線が設けられており、保線車両が留置されている
駅構内には歴史を感じさせる木造の倉庫が残っていた

—————————————
所在地:三重県南牟郡御浜町
乗入路線
 紀勢本線

南木曽駅

中央西線の駅、南木曽の改札画像です。

駅名標、当駅には一部の特急しなの号が停車するほか、中津川ー当駅間で区間列車が運行されている
自立式駅名標
駅舎、国鉄時代に建てられたもので、妻籠の宿場町の街並みをモチーフにしたと思われるデザインとなっている
駅舎の駅名表記もレトロ感ある独特の趣が感じられる
和風の行灯タイプの駅名標も設置されている
改札口、当駅は有人駅であり係員による集改札が行われる
当駅には出札窓口および観光案内所が設けられているが、自動券売機は設置されていない
駅舎内には待合室が設けられている
待合室内部の様子
駅舎からホームは通路および跨線橋で連絡する
階段は「左側通行」となっているため遵守しよう
ホームは2面3線であり列車の折り返しが可能である
当駅を通過する石油貨物列車、海なし県である信州・長野県で使用されるガソリンはほとんどが貨物列車で輸送されており、四日市の製油所とを結ぶ中央西線は中央東線と並んで石油輸送の生命線の1つである
当駅から駅長はいなくなったが、駅長事務室看板は取材時も健在だった
木曽はヒノキの里としても知られており、駅裏側には貯木場があった 

—————————————
所在地:長野県木曽郡南木曽町
乗入路線
 中央本線(中央西線)

紀伊市木駅

紀勢本線の駅、紀伊市木の改札画像です。

駅名標
駅舎、木造駅舎は近年解体され、現在はガラス貼りの簡易型駅舎となっている
当駅は無人駅であり改札口は存在しない
駅舎内部は待合室となっておりマジックミラー号ばりの開放感がある
ホームは単式1面1線の棒線駅であり列車の行き違いは不可能である

—————————————
所在地:三重県南牟郡御浜町
乗入路線
 紀勢本線

田立駅

中央西線の駅、田立の改札画像です。

駅名標、当駅は長野県最西端の駅であり、隣の坂下駅は岐阜県となる。当駅から長野県の県庁所在地である長野駅までは158.2kmであるのに対し、名古屋駅までは92.6kmであり、名古屋駅の方が近い
駅舎、当駅の駅舎はホームから離れた場所に独立して建っている
駅舎内部は待合スペースとなっている
駅舎内部の様子
駅舎からホームへは跨線橋に通じる通路を通って連絡する
1番線(上り:木曽福島・長野方面ホーム)入口、当駅は無人駅であり改札口は存在しないため、ホームへはダイレクトに行くことができる
1番線ホーム上の待合スペース
2番線(下り:中津川・名古屋方面ホーム)も1番線同様、ホームへダイレクトに行くことができる
2番線ホーム上の待合スペース
当駅では特急しなの号や貨物列車等の通過列車が猛スピードで通過するため、通過列車には十分注意しよう
ホームは相対式2面2線となっている
跨線橋から見下ろしたホームの様子
日本百景である木曽田立の滝は当駅が下車駅である

—————————————
所在地:長野県木曽郡南木曽町
乗入路線
 中央本線(中央西線)